介護施設の栄養士

高齢者施設の栄養士

高齢化社会でますますニーズが拡大し、より専門的な食事が求められているのが老人ホームです。老人ホームと一言で言っても、

養護老人ホーム、特別養護老人ホーム(介護が必要な人向け)、軽費老人ホーム(低所得の人向け)、老人福祉センターと、個人の経済状況、身体状況に合わせた施設があります。

食事を楽しむデイケアサービスや食事を高齢者に代わって作るお弁当宅配サービスも実施されています。

彩りや飽きのこないメニュー作りも、栄養士の仕事です。お弁当サービス含め、入居者の食事は、食べやすさも工夫していかなくてはなりません。

飲み込む力が弱い人や歯のない方には、流動食やキザミ食、極キザミ、ふつう食と個人の段階に分けた対応をします。

食事はなによりの楽しみ

食事を楽しみにしておられるので、おせち、土用丑の日、クリスマスなどの年中行事は喜ばれます。

ときには、カフェテリア、バイキング方式、暑い夏はアイスクリーム機で、手作りソフトクリームやアイスクリームをつくるサービスを行うところもあります。

季節やイベントなどに合わせてもてなしをすると、施設にいても季節感を感じていただけますし、なにより楽しく召し上がっていただけます。

人間味のある介護が重要視されるなかで、「楽しさ」を提供する食事内容は、今後ますます求められるものとなるでしょう。

高齢者の方は、お話しすることが好きな方が多いので、まずじっくり聞いてあげると、たいへん喜ばれます。人生の先輩として、とても貴重なお話も聞けたりします。

栄養と同時に心のケアを提供するのが高齢者施設で働く栄養士の役目です。

人と接することが好きな人は、高齢者施設の栄養士に向いていると言えるでしょう。

仕事体験談