栄養士のつらいこと・大変なこと・苦労

栄養士のつらいこと・大変なこと

時間に追われる大量調理

栄養士にとってメインの仕事のひとつになるのが、学校や病院・福祉施設などにおける調理です。

これらの場では一度に大量の調理を行うため、家庭などで数人分の食事を作るのとはまったく勝手が異なります。

重い食材や鍋を持ち運ぶことは日常茶飯事ですし、具材をかき回すにもかなりの力が必要なため、体力を要する仕事のため毎日がハードと感じる人が多いかもしれません。

また、仕事での調理は常に時間に追われる中で行います。

少ない人数で現場を動かす施設もあるため、他の人に迷惑をかけないよう、手際よく進めなくてはなりません。

新人時代は一つひとつの作業に時間がかかってしまい、プレッシャーを感じる場面もあるでしょう。

また栄養士として調理中心に仕事をする場合には、どうしても立っている時間が長くなり肩こりや腰痛に悩む人も少なくないため、体力はできるだけつけておいたほうがよいかもしれません。

現場で学ぶことが多い

学校でどれだけ栄養や健康に関する知識を学んだとしても、現場に出るとそれにあてはまらないことが多くあります。

栄養指導をする面でも、マニュアル通りの指導では相手に響かないこともあるため、相手の考え方や食習慣、生活スタイルなどを理解して柔軟に考えなくてはなりません。

現場で学ぶことが多いため、新人のうちは戸惑ってしまうことも多いかもしれませんが、経験を積み、自分でも自主的に勉強を続け、常に知識を身に付けていくことが必要です。

栄養士の悩み

予算内におさめる工夫

給食や社食・施設での献立はあらかじめ食材費は決められています。

大抵の場合は低予算なため、その予算内でおいしく栄養バランスの整った献立を考えるのは至難の業です。

高価な食材や調味料は使えないため、その分、彩りを豊かにして見た目をよくしたり、加工品を使わずに手作りしたりするなどの工夫が必要になります。

また、地元でとれた野菜や食材を使ったり、旬のものを使ったりするなどさまざまな方法を使って献立を考えているのです。

職場でのコミュニケーション

栄養士の現場は、調理スタッフも含め女性中心です。

この仕事では、自分一人きりで働くことは少なく、他のスタッフと連携をとりながら作業を進めることになるため、職場の仲間とうまくコミュニケーションできるか、仕事を楽しくしていくためにも重要なポイントになります。

職場環境についてはいざ働いてみないとわからない面もありますが、置かれた環境でどう前向きに働いていくかを考えていくことも、栄養士の大変な一面といえるでしょう。

栄養士を辞める理由で多いものは?

栄養士は女性が多いため、どうしても結婚や出産などのライフイベントにより離職・退職する人がいます。

ただし経験さえあれば再就職や復職も可能な仕事のため、長く働き続ける栄養士も多くいます。

また、栄養士には活躍の場が多いため、今と違う仕事がしたい、違う施設で働きたい、キャリアアップしたいと前向きな気持ちで転職に踏み切る栄養士もいるようです。