栄養士の新人時代の思い出(体験談)

栄養士を志すにあたって、先輩栄養士の新人時代の話を聞いてみたいと考える人も多いでしょう。

本記事では、現在さまざまな業界で活躍する栄養士の新人時代のことを紹介します。

栄養士の新人時代

新人時代は、学校で得た知識を存分に発揮する土台を作る時期だと思います。

学校で勉強したことはあくまで基礎です。教科書通りではなく、柔軟な対応が求められるシーンも現場には多くあります。

どの職場や職業でもそうですが、まず先輩の指示をきっちり守り、教わった内容を覚えることです。自分流のアレンジや工夫を取り入れるのはそれからです。

見本となる人

仕事ができる素敵な先輩が身近にいたらラッキーです。どんどんその人のいいところや仕事の進め方を吸収しましょう。まずは真似をすることが大切です。

また、注意された点やミスの原因はきちんと分析して次につなげましょう。

つらいこと楽しいこと

最初は慣れないことも多く、先輩や上司にたくさん叱られました。そのたび落ち込んでいましたが、自分なりにミスをチェックし、要領をつかめるようになってからは失敗が減り、仕事も少し上達しました。

以前と比べて仕事が早く、確実になったと先輩に褒められたときはうれしかったです。

工夫した点や頑張りも先輩たちは見ているもので、続けていれば認められると思います。

食べてくれる人の笑顔

配膳を下げにいくとき、利用者さんが、笑顔で「美味しかったよ。また作ってね」と言ってくれたときは仕事の疲れがも吹き飛びました

最初の半年から1年くらいは不慣れなこともたくさんありますが、利用者さんの健康のお手伝いができているのだと思うとあたたかい気持ちになりました。

最初から栄養指導を任されることはありません。まず現場の1日のスケジュールや実際の食事の流れを把握しないことには献立を立てられないからです。

直接栄養に関わらない雑用などの経験もそれらの把握に役立ちます。

栄養士の新人時代の思い出のまとめ

新人時代は、柔軟な対応が求められる場面で戸惑うこともあります。まずは先輩の指示をきちんと守り、教わった内容を覚えることが大切です。

見本となる人を見つけていいところを真似をしたり、ミスの分析を怠らないことも技能向上の早道です。

最初は慣れないことも多く叱られるかもしれませんが、自分なりの工夫と努力を続けていれば認めてもらえる日が来るでしょう。