このサイトはフードコーディネーターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「フードコーディネーター」

仕事内容
フードコーディネーターは、食のスペシャリストとして、飲食店のメニュー開発やコンサルティングなどを行う仕事です。テレビや雑誌に出る料理を考えて調理や盛り付けを行ったり、料理を美しく、おいしく見せるための食器や小物の演出を行ったり、はたまた料理教室を運営したりと、仕事の幅はとても幅広いものとなっています。企業に勤める人もいますが、多くの人はフリーランスとして得意分野を生かしながら働いています。
なるには
フードコーディネーターは、特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。調理系の専門学校で学び、食品関係の企業や料理教室などに就職する人もいれば、一般の学校を出て、フードコーディネーターのアシスタントとして働き始める人もいます。フリーで働く場合も、いきなり一人で全ての仕事を完璧にこなすのは難しいため、まずは先輩につき、少しずつ業界のことを覚えていく流れが一般的となっているようです。
給料
フリーランスで働く場合、会社勤めのように毎月決まった額の給料が支払われるわけではありません。仕事がまったくなければ収入は0円ですし、仕事をこなせばこなすだけ収入は増えていきます。アシスタントのうちは不安定な生活になりがちですが、ある程度の経験を積んで人脈も広がれば、年収300万円以上は稼げるようになるでしょう。もちろん、もっと名が知れてメディア出演や大手企業のアドバイザーとして働けば、年収1000円以上も夢ではありません。
将来性
料理のスタイリングだけでなく、店舗プロデュースや市場開発など、フードコーディネーターに期待される仕事の幅は年々広がっています。活躍できる業界もさまざまあるため、自分の個性や得意分野を存分に発揮できる場所が見つかるでしょう。食に関する専門知識と幅広い視野を持つことはもちろん、マーケティングや店舗経営、マネジメントの知識やスキルまで持っている優秀な人材は、この先ますます需要が高まっていくものと考えられています。