このサイトはバリスタを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「バリスタ」

仕事内容
バリスタは、コーヒーのスペシャリストとしてお客さまにコーヒーを提供する仕事です。主な勤務先はカフェやバールとなりますが、チェーン店や個人店などその規模はさまざまです。コーヒー豆はさまざまな種類があるほか、焙煎方法、抽出方法、そしてその日の気温によっても味が変わるるため、状況を判断しながらおいしいコーヒーを淹れていきます。お客さまと直に接するため、高い接客技術も求められます。
なるには
バリスタになるのに決まった道はありません。この職業はもともと海外で生まれたものであるため、現在も日本で活躍する一流のバリスタたちの多くは、過去に海外で技術を学んでいます。日本では、バリスタコースなどを置く専門学校で学ぶことができますし、求人があれば未経験からバリスタ見習いとして働くことも可能です。実際の業務を通じて身につくことが多いですが、日々自分でスキルを身につけようとする向上心は必要です。
給料
バリスタといっても、自分で店を経営して店舗運営全体に関わっている人もいれば、カフェの社員の一人として勤めている人もいるため、働き方によって給料は大きく差があります。カフェなどに勤務する場合の平均年収は300万円程度ですが、開業して成功すれば、1000万円以上の収入を得られる可能性もあります。ただし、自分の店を持つとなればバリスタとしての知識に加え、店舗経営のことも学ばなければなりません。
将来性
日本に多くの外資系カフェが進出し、カフェ人気が高まる中、バリスタという職業の認知度も年々高まっていると言えます。コーヒーだけでなく、バールではバリスタがカクテルなどのお酒を提供することもあり、勤務先によってさまざまな仕事に携わることができます。意欲があれば自分のカフェを開くこともできるため、やりがいは十分と言えるでしょう。まだまだ認知度が高い職業ではないため、自分がどんなバリスタになりたいのかをしっかり考えることが大事です。