このサイトはショコラティエを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ショコラティエ」

仕事内容
ショコラティエは、洋菓子職人(パティシエ)のなかでも、チョコレートを専門に扱う職人のことをいいます。チョコレートは細かな温度管理など繊細な扱いが要求されるため、その風味を本当に引き出すのは至難の業といわれています。経験を積んだショコラティエは専門的な知識と技術を駆使して、トリュフのような一粒タイプのチョコレートから、ケーキやバウムクーヘンのようなチョコレートを使った焼き菓子など、さまざまな商品を作ります。
なるには
ショコラティエの代表的な活躍の場は洋菓子店やチョコレート専門店です。なるために特別な学歴や資格は必要ありませんが、製菓全般の基礎知識を身につけるために、製菓専門学校に進学してから就職する人も少なくありません。店舗に勤めてからもすぐに全部の作業を任せられるわけではなく、まずは先輩の下で、作業の一部を任せてもらいながら仕事を覚えていくことになります。他の料理人や菓子職人と同様、一人前になるには数年以上の時間がかかります。
給料
新人時代のショコラティエの給料は、月給15〜18万円程度が平均的といわれています。仕事を覚え、難しいことまで任せられるようになれば少しずつ給料はアップしますが、一般のサラリーマンに比べると、給与水準は低めの傾向にあります。ただし、経験を積むと独立することもでき、自分の店を繁盛させることができれば高額な収入を得ることも可能です。センスや実力次第で、収入は大きく変わってくる職業のひとつといえるでしょう。
将来性
ショコラティエは海外発祥の職業ですが、日本でも洋菓子を食べる文化がすでに一般的となり、チョコレート専門店も増えていることから、ショコラティエの職業としての認知度は高まっています。こうした背景の下で活躍のチャンスも広がっているものの、次から次に実力ある若者が登場し、腕がない人は淘汰されていく職人の世界であるため、日本国内のみならず世界での活躍も視野に入れながら、実力を磨き続けていこうとする努力が欠かせません。