スポーツ栄養士

選手を支える花形分野

栄養士の仕事として現在人気があるのは、スポーツ選手の力を最大限に引き出せるよう食事面からサポートするスポーツ栄養士です。

調理技術や栄養学だけでなく、幅広い実践的な知識と技術が必要となります。

また、選手の個性の把握、運動生理学、カウンセリング技術も必要です。

運動選手には、貧血の人もいるので、場合に応じてサプリメントを活用することがあるようです。

サプリメントはうまく活用

サプリメントは、次々と新発売されますので、常にチェックしておきましょう。

中学・高校生のジュニア選手を指導するときは、1日3食きちんと取ること、どうやったらバランスのいい食事にすることができるのかなど、ベーシックなポイントを押さえた助言をします。

ただし、サプリメントはあくまでも補助食品です。それは、大人の選手にも言えることで、基本の毎日の食事が重要です。

今は、いろいろな情報が飛び交っていますから、自己流の健康法を実施する人もいるようですが、それではかえって体をこわしてしまいます。

栄養士はサポートをするにあたり、選手の生活スタイルを把握すると同時に、正しい健康法を提案します。

そして、体調管理には常に気を配り、筋肉量や体脂肪を定期的に測定します。

ときには、監督と連携をはかりながら、選手をサポートしていきます。

リハビリ現場でも活躍

「スポーツ栄養」の領域は、スポーツ選手のサポートだけではありません。

リハビリ患者の健康増進、病気のための運動療法、介護のリハビリに伴う食事療法など、リハビリ現場においても幅広い仕事があります。

スポーツ栄養といっても、分野はさまざまです。

日々新しい情報が必要となるため、最新の情報をいち早くキャッチし、取捨選択できる能力が求められます。

仕事体験談