栄養士になる難易度はどれくらい?

栄養士になるまでの道のり

栄養士になるには、まず高校卒業後に厚生労働大臣が指定した栄養士養成施設(大学・短大・専門学校)で2年から4年間学ぶ必要があります。

この養成施設で栄養学の基礎や栄養士として必要な知識・技能を学び、卒業して各都道府県知事に免許交付の申請をすることで栄養士の資格を取得することができます。

現在では栄養士国家試験は行われていないため、栄養士養成施設に入って学べば、誰しも栄養士になることは可能です。

栄養士養成施設に入る難しさは?

栄養士養成施設は全国にかなりの数があり、学校によって難易度も若干異なりますが、大学から専門学校まで選択肢は広く、専門学校であれば入学試験は面接や作文のみとなっているところもあります。

栄養士養成施設への入学資格は「高校卒業程度の学力のある者」となっているため、高校までの勉強をきちんとしていれば、入学がものすごく難しいというわけではありません。

また、養成施設入学後も、学校にしっかりと通って講義や実習を受けてさえいれば、国家試験のような外部の特別な試験にパスしなくても栄養士になることができます。

ただし、栄養士の上級資格となる管理栄養士は国家試験に合格しなければならないため、資格取得のためのハードルはぐっと高くなります。

管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができる学校もあるため、管理栄養士の資格が必要かどうかを考えて、学校選びをしたほうがよいでしょう。

栄養士養成施設は昼間部のみ

栄養士は、国家試験の受験が必要になる管理栄養士に比べると、難易度は低めといえるでしょう。

ただし、栄養士養成施設は昼間の学校のみとなっており、夜間部も通信教育課程もありません。

したがって、働きながら栄養士の学校に通いたいと考えている社会人にとっては、昼間に学校に通うためのスケジュールの調整など厳しいものになるかもしれません。

社会人から栄養士を目指す場合は、進学のための時間や費用をあらかじめ考えておく必要があるでしょう。

栄養士の学校での勉強は難しい?

栄養士養成施設では、栄養士法で定められた必修科目として「公衆衛生学」「解剖生理学/生化学」「食品学/食品衛生学」「栄養学/臨床栄養学」「栄養指導論/公衆栄養学」「給食管理学/調理学」といった内容を学びます。

そのほか、学校によって異なる選択科目も存在し、食や栄養、健康に関して幅広く知識を身につけます。

いずれも栄養士として欠かせない知識であり、高度な内容もありますが、学校では基礎からきちんと勉強できるカリキュラムが組まれているため、極端に心配する必要はないでしょう。

ただし、栄養に関するカリキュラムの中には化学や生物などの理数系科目も多く、化学式をもとに計算したり、濃度やカロリーなど計算をしたりするなど数学の要素も多くあります。

そのため、学生のうちからこうした科目に興味を持って苦手意識をなくしておくことも大切です。