病院の栄養士

医療現場で働く栄養士

需要があり、栄養士の活躍の場として注目されているのが、医療現場です。

病院での食事は治療の一環として捉えられています。

人間に本来備わっている治癒力を上げるため、病院では病気の種類に応じた食事提供がされます。

病院の食事には、大まかに「一般食」と「治療食」に分けられます。

一般食は、

・私たちが普段食べているようなメニューの常食
・消化しやすくした流動食(重湯やゼリー、牛乳など噛まなくても食べられるもの)
・軟食(胃腸病や高熱時、回復期の食事で主食を、一分粥、三分、五分、七分、全粥に分け、おかずは消化のよいものを組み合わせます。)
・妊産婦食、産後食

などです。

治療食にはは、「コントロール食」と呼ばれるエネルギー、タンパク質、脂質などを調整した食事と、「アレルギー除去食(アレルギー改善、発症予防)」があります。

このように、療養、健康管理をするので、患者さんの食事能力(たとえば、胃を切り取っているので、消化のよいメニューに変えるなど)や栄養状況に合わせたメニュー作りが大切になります。

医療スタッフと連携

近年、高度で効果的な栄養サポートチーム(NSTと略される)を導入する病院が増えています。

栄養サポートチームとは、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの医療スタッフで構成されるチームのことです。

連携して患者さんの情報を共有し、どのような治療が最善か、それぞれの立場の専門家が意見を出し合い協力して、患者さんのサポートにあたります。

栄養の知識だけでなく、医学・薬学的な知識も必要となります。定期的に各専門家たちと研修会を開催し、幅広い知識、最新の情報を交換することが必要です。

管理栄養士の免許が求められることも多いので、病院での仕事に興味がある人は管理栄養士の資格取得も視野に入れておいたほうがよいでしょう。

管理栄養士の仕事

めまぐるしく変化する医療現場です。柔軟で探究心のある人が、病院で働く栄養士には求められています。

仕事体験談