栄養士を目指す人へのメッセージ(体験談)

栄養士を志すにあたって、先輩栄養士の話を聞いてみたいと考える人も多いでしょう。

本記事では、現在さまざまな業界で活躍する栄養士から、栄養士を目指す人たちへのメッセージを紹介します。

栄養士を目指す人へのメッセージ

栄養士は、今とても注目されている職業です。

現在は世界中の国々に栄養士がいますが、最初に栄養士という職業ができた国は、実は日本なのです。

日本の食材や食文化を活かした栄養指導ができる栄養士になってくださいね。

まだ早いと思うかもしれませんが、進路を決めるときは

  • 自分がどのような方向性で仕事をしたいのか
  • どんな栄養士になりたいのか

これらをイメージしておくことをおすすめします。

さまざまな学校があり、目移りしてしまうこともあるでしょう。何をしたいかが明確になれば学校選びをしやすくなると思います。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

イベント参加のすすめ

たとえば、栄養指導についてのイベントや有名な栄養士の講演会などにはぜひ参加してみてください。現場の生の声を聴くことができるでしょう。

一口に栄養士といっても、仕事はいろいろあります。こういったイベントに参加することは、仕事選びの際に役立つと思います。

料理やレパートリーを豊かに

職場で働くようになると、献立を立てたり、調理作業をしたりするようになります。学生のうちから積極的に料理に取り組み、レパートリーを増やしておきましょう。

メインディッシュだけでなく、おやつやちょっとした間食を作ることもあります。お菓子類を作る腕も上げておくと、とても喜ばれますよ。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

初心にもどる

自分がなりたいイメージや栄養士を目指したきっかけをノートなどに書き留めておいてください。

仕事をしていて、自分がどうしたいのかわからなくなったときはそのノートを開きましょう。つらいことがあり、めげそうになったときもきっと励みになるでしょう。

栄養士を目指す人へのメッセージのまとめ

今、栄養士という職業が注目されています。世界で初めて栄養士という仕事が生まれたのは日本です。日本の食材や文化を活かした栄養指導ができる栄養士を目指しましょう。

栄養士を目指すのであれば、自分がどうなりたいのかをイメージしたり、栄養指導のイベントなどに参加したりすることがおすすめです。これらは学校選びや進路選びの一助となります。

また、学生のうちから料理のレパートリーを増やしておくことも大切です。つらくなったときに読み返すために、栄養士を目指そうと思ったときの気持ちをノートに書き留めておくのもよいでしょう。