学校の栄養士

学校の栄養士とは?

学校で働く栄養士は、「学校栄養職員」と「栄養教諭」の2種類に分けられます。

学校栄養職員は、学校職員として給食管理や食育のサポートをすることを役目とし、必要とされる資格は「栄養士」のみです。

一方、栄養教諭とは、「栄養士」の資格と「栄養教諭」の免許を持ち、教員として給食管理、食育を中心とした食にかかわる指導をする立場の人のことをいいます。

栄養教諭の免許を習得するためには、大学で特定の科目を修得していることが必要です。

学校の栄養士の仕事

学校の栄養士の重要な業務のひとつが、給食のメニュー作りです。

年齢ごとに1日の必要な栄養素を考えてつくります。

加えて食材発注、食材が傷んでないかのチェック、調理員への指示、さらに伝票や請求書の整理などの事務作業もあります。

学校をあげて食育を推進するところも増えており、生徒だけではなく、保護者や教員に向けても食・栄養の情報提供をします。

このほかにも給食だよりの作成、イベントの企画を立てたりと、さまざまな仕事があります。

学校栄養職員と学校栄養教諭の違い

学校栄養職員は教諭ではないため、生徒たちに直接食育指導はできません。

一方、学校栄養教諭は、一般的に「学校の先生」といわれる人たちと同じ教諭であり、食の大切さや食べ物のはたらきなどについて、生徒に指導を行います。

ただし、栄養教諭は学校への配置義務があるわけではなく、自治体によって採用状況は異なります。

徐々に栄養教諭を配置する学校は増えているようですが、まだ栄養教諭がいない学校も少なくありません。

家庭や地域を含めた食教育

栄養教諭は、学校という範囲を越えて、家庭・地域を含めて食のアイデア・コーディネイトを提案していく立場にあります。

子どもたちには、なぜ日々の食事が大切なのか、身近なことに関心を持ってもらうようにします。

子どもたちが意識をしっかり持ち、楽しく学んでもらえれば、将来大人になったときに影響する健康度には違いが出てくることでしょう。

若いうちからの健康に気を配った生活は、その後の生活の土台となります。

学校の栄養士は、そんな大切な時期に関われるやりがいのある仕事です。

子どもが好きで、栄養教育に携わっていきたいと考えている人には向いている職場といえるでしょう。

仕事体験談