栄養士と調理師の仕事内容・資格の違い

栄養士調理師の仕事内容の違い

栄養士と調理師の役割の違い

栄養士も職場によっては調理師と同じように調理を行いますが、あくまでも「栄養」に重点を置いたメニューを作ることになります。

一方、飲食店などで働く調理師は、栄養について考えながら調理を行うことはあるものの、それ以上に「味」や「見た目」に重点を置いた調理が中心となります。

職場によっては、栄養士が考えた献立・メニューを調理師が調理するということもあります。

調理師は、あくまでも調理のプロフェッショナルであり、栄養についての専門知識に関しては栄養士の分野といえるでしょう。

栄養士と調理師の活躍の場の違い

栄養士の活躍の場は、大量調理を行う学校や病院・福祉施設・給食会社・一般企業など多岐にわたります。

栄養学の知識を生かしながら、食事の管理や調理に携わり、利用者などへの栄養指導を行います。

一方、調理師の場合もこうした場所で働くこともありますが、主な勤務先としては飲食店やレストランとなり、お客さまに対しておいしい料理を作り提供することが仕事です。

ただし、栄養士は、職場によっては調理師と同じように調理業務が中心となることもあります。

調理師の仕事

栄養士と調理師のなる方法・資格の違い

栄養士も調理師も国家資格となり、それぞれの職業に就くためには、該当する国家資格の取得が必要です。

栄養士として働くためには、栄養士養成課程のある学校で所定のカリキュラムを修了し、卒業する必要があります。

一方、調理師になるには調理師養成学校で学ぶか、実務経験を積んだうえで調理師試験に合格し、調理師免許を取得する必要があります。

栄養士と調理師の資格・必要なスキルの違い

栄養士が学ぶ内容は、栄養学・食品衛生学・給食運営・人体などです。

一方、調理師が学ぶ内容は食文化論・衛生法規・公衆衛生学・栄養学・食品学・食品衛生学・調理理論などです。

重複する部分もありますが、栄養素や人体に関わる分野が多い栄養士に比べ、調理師は実際の調理に関する部分が多いのが特徴です。

栄養士と調理師の学校・学費の違い

栄養士として働くためには、栄養士の資格を取得する必要があります。

栄養士の資格は、厚生労働大臣が指定した大学や短大、専門学校の栄養士養成課程を修了し、卒業することで得られ、これらの学校を卒業すれば、無試験で都道府県知事から免許証が交付されます。

調理師免許を取得する方法には2つあり、調理師学校(養成施設)に入学し、1年以上勉強し卒業するか、飲食店などで2年以上実務経験を積み、調理師試験に合格する方法があります。

栄養士と調理師の給料・待遇の違い

栄養士の平均年収は、250万円から400万円程度がボリュームゾーンとされています。

調理師の給料は、勤務先や、自信が持つ経験や技術によって大きな差があり、額面で15万円から21万円ぐらいの会社が多いようですが、下積み期間のうちは、わずか数万円~10万円ほどで働くことも珍しくはありません。

栄養士に比べると拘束時間が長い仕事であり、その分の給与が出ない会社も多くありますので、労働環境としてはあまり良くないといわざるを得ません。

栄養士と調理師はどっちがおすすめ?

栄養士、調理師共に調理に関わる仕事ですが、大量調理で栄養を考えた献立やメニューを考えるのが栄養士、飲食店などをメインにお客さまに喜んでもらう料理を提供するのが調理師といえます。

栄養や健康などの分野から調理にアプローチしたい場合は栄養士、よりおいしい料理を極めたり自ら調理をしたりしたいという人には調理師がおすすめです。