このサイトは料理研究家を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「料理研究家」

仕事内容
料理研究家は、おいしい料理を研究するスペシャリストです。おいしさや見た目の美しさ、栄養価の高さなどを追及しながら新たな料理を作り出し、そのレシピを多くの人に伝えていくことが仕事です。テレビの料理番組や雑誌の料理コーナー、料理教室など、さまざまな場所で活躍をしています。そのほか、食品メーカーとの商品開発や地元の食材を使った観光客向けのグルメの開発をしたりすることもあります。最近では、ブログや動画サイトを利用してオリジナルのレシピを公開することもできるようになり、料理研究家の仕事の幅が広がっています。
なるには
料理研究家になるために必要な学歴や資格というのはありません。料理について研究したいという思いがあれば、誰もがこの職業に就くことが可能です。調理師や栄養士などの専門職の人が料理研究家をめざすこともあれば、ベテラン主婦が長年の経験を活かして料理研究家に転身することもあります。料理研究家のアシスタントとして働くことからスタートし、料理の腕を磨いた後に独立する人もいます。人と人とのつながりの中から仕事の依頼が舞い込むようなケースが多いのが特徴であるため、とにかく情報発信をして人脈を広げることと業界内の知名度を上げることが大切です。
給料
料理研究家として働いている人の多くが個人で独立して仕事をしており、その収入の額は料理研究家としての知名度や仕事の内容によって大きく異なります。年間を通して数万円しか稼ぎがないという人もいれば、テレビの出演料や料理の本の印税などで年収1000万円以上稼ぐ人もいるのです。安定した収入を得るために、料理教室を開いて講師をしたり飲食店でアルバイトをしたりすることもあります。料理研究家のアシスタントの場合、時給は800円から1500円ほどになるのが一般的です。
将来性
近年は、一般の人たちがオリジナルの料理レシピを投稿して評価しあうような料理サイトや料理アプリが大流行しています。これからの時代は、料理研究家どうしだけではなく料理好きな一般人とも競いながら、多くの人に支持されるオリジナルのレシピを発信していかなければいけません。今まで以上に厳しい競争にさらされることは間違いないので、この業界で勝ち残っていくためには、料理への強い情熱と深い知識、豊かな発想力、知的好奇心などが欠かせなくなるでしょう。