このサイトはバーテンダーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「バーテンダー」

仕事内容
バーテンダーは、バーなどでカクテルなどのお酒を作り、お客さまに提供する仕事です。「シェイク」「ステア」「ブレンド」「ビルド」といったいくつもの技術を使い、何千種類もあるカクテルを、お客さまの好みに応じて作り上げます。バーに来るお客さまの中にはバーテンダーとの会話を楽しみにしている人もいるので、その場の雰囲気を察しつつ、時間を楽しんでいただけるよう努めます。お酒の仕入れやグラス磨きなども大事な仕事です。
なるには
バーテンダーは、特別な資格が求められる仕事でありません。高校卒業後にバーテンダーの専門学校や養成スクールに通って基礎から学ぶ人もいれば、いきなり現場に入り、仕事をしながら知識とスキルを身につける人もいます。どちらも一長一短があるものの、未経験でスタートしてもやる気さえあれば一人前になることは十分可能です。アルバイトからスタートし、スキルを身につけ、正社員にステップアップできる人もいます。
給料
バーテンダーの平均年収は300万円~400万円程度ですが、未経験者の場合、下積み期間は年収300万円以下ということもあります。また、バーテンダーはその仕事柄、夕方から深夜にかけて働くことがほとんどです。ホテルや大きな店舗などでは深夜手当がつきますが、個人経営の店では特に手当がないこともあります。基本的に実力主義の仕事であるため、スキルが身につくことによって昇給していくことが一般的となっています。
将来性
もともとバーテンダーといえば男性中心の職業でしたが、現代は女性がバーに通う機会も増えており、同時に女性バーテンダーの活躍が目立ち始めています。低価格で楽しめるバーも登場するなど、バーの需要は今後も高まっていくものと考えられます。しかし、飲食業界全体として競争は激化しており、バーテンダーが生き残るのも簡単ではありません。日々技術を磨き、お客さまから選ばれる存在になることが重要と言えるでしょう。