自衛隊の栄養士になるには? 仕事内容は?

自衛隊の栄養士とは

自衛隊の栄養士の仕事

栄養士の少し変わった働き先として、自衛隊で自衛官(技官)として働く方法もあります。

仕事の流れや業務内容は、病院やふつうの社員食堂などと、さほど変わらず、食材選び・献立作成・栄養バランスの計算・調理指導・衛生管理などです。

自衛隊は、日夜、訓練や仕事をしているので、食事面の管理は非常に重要で、また自衛隊の仕事は体力勝負ということもあり、ほかの学校や施設と違い炭水化物を多く摂取する献立になっているのが特徴です。

決められた予算内で、一般人より多めのカロリーをとれるように工夫するのも、自衛隊の栄養士の仕事です。

通常の施設の場合、鍋や釜の自動化もされつつあるようでが、隊員が多い駐屯地では、かなりの量の食事を作ることになり、重い機材を利用するため、意外と働いている栄養士は男性が多いようです。

災害時などは炊き出しも行う

地震や台風などの自然災害時に、自衛隊が被災地で炊き出しをしている様子を見たことがある人も多いでしょう。

自衛隊で働く栄養士は防衛技官として、自衛隊が野外で炊事をする際の支援や教育も行います。

自衛隊では炊事車という特殊な車両を使い大量の調理が一度にできるほか、野外炊具という特殊な機材で調理を行うこともあり、普段から災害時に向けて訓練を行っています。

各駐屯地で特色あるメニューも

自衛隊の献立は、駐屯地によって考え方や調理方法、特徴に大きな違いがあります。

海上自衛隊では金曜日にカレーが提供されることが有名ですが、このカレーも駐屯地ごとに地元の食材を使ったりルーに工夫をしたりとさまざまな味があり、味や作る速さを競うコンテストもあります。

そのほか、地産地消を掲げ地元の郷土料理をアレンジしたメニューを提供したり、地元ならではの季節感のあるメニューを提供したりと、一般的な学校給食や施設の給食よりも自由度が高いといえるでしょう。

なかには、自衛隊の味を広く知ってもらおうと調理レシピを公開しているところもあるので、ホームページ等を見て作り方や栄養素などを参考にしてみるとよいでしょう。。

自衛隊の栄養士の働き方

勤務は、それぞれの駐屯地の基地業務隊等補給科糧食班(隊員食堂)となり、場所にもよりますが、各駐屯地に2人から3人の栄養士が配属されます。

給養員と呼ばれる調理員がいて、給養員と協力して食事をつくります。

陸上自衛隊では、隊員が調理場で配ぜんや調理手伝いをすることもあるようです。

自衛隊の栄養士になるには

自衛隊で働く栄養士・管理栄養士には、「特別職国家公務員」という肩書で「防衛技官」とも呼ばれます。

陸海空ともに就職のためには自衛隊の試験を受ける必要があります。

そのほか、まず自衛隊員として入隊し、部外栄養学校へ入学して栄養士資格を取得するケースもあります。

採用は不定期に行われることが多いので、こまめに募集状況を確認することが必要です。