1分でわかる「居酒屋店長」

仕事内容
居酒屋店長は、居酒屋の店舗責任者として、店を円滑に運営するためのさまざまな業務を担っています。

たとえば、チームプレーで店を一緒に運営するアルバイトスタッフの採用や教育をはじめ、食材の発注や在庫管理、店舗の清掃、さらには売上向上のための目標設定や施策立案などをし、お客さまにより良いサービスを提供すると同時に、店の売上をアップさせることを役目としています。
なるには
居酒屋店長になるには、大きく分けて、居酒屋チェーンを経営する会社に就職して「雇われ店長」として働く方法と、自分で店を出す方法の2種類が挙げられます。

この仕事は未経験からでもスタートしやすく、また人手不足となっているため、求人を見つけることはさほど難しくないでしょう。

アルバイトなどの形でしばらく居酒屋で働き、ノウハウを積んでから独立開業する人も多くいます。
給料
居酒屋店長の平均的な給与は、月額にして25万円前後、年収にすると300万円~400万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。社員として勤める場合は会社から給料が支払われますが、独立開業した場合には店の売上によって収入は大きく変動します。給料のみならず、店によって社会保険制度の有無や待遇・昇給に関する制度がだいぶ異なるため、注意が必要です。
将来性
外食産業は人手不足の状態が続いており、とくに大手チェーンの居酒屋では店長候補の求人が多く見られます。

熱意や根性さえあれば未経験からでもスタートしやすいものの、ハードワークであるため、年齢を重ねていくと仕事を続けるのが厳しくなるかもしれません。

独立開業した場合には雇われとは違った厳しさがありますが、リスクを背負ってでも魅力的な居酒屋を経営することができれば、店を繁盛させて大きく稼ぐことも夢ではありません。