公務員(保健所)の栄養士

保健所で働く栄養士とは

地域住民に貢献する栄養士がいます。保健所や保健センターで働く公務員栄養士のことです。

保健所は都道府県、政令指定都市、中核市などに配置されている機関で、地域の住民に専門的な保健サービスを提供しています。

保健センターは市町村によって設置されており、より身近な健康づくりの拠点としての役割を担います。

保健所の仕事としては、検診や予防接種、食品衛生の監視などがあります。

仕事内容は、保健や栄養改善、食品衛生の指導など多岐にわたります。そのほかに、栄養士免許の申請受付の手続き、飲食営業の許可申請なども業務のうちです。

こうしてみると、保健所は私たちの身近な場所で健康や安全を守ってくれていることに気づかされます。

友だちや家族と行くレストランには、衛生管理のプロたちの徹底した指導により、食中毒の脅威から防いでくれているのです。

一方、保健センターは、母子、高齢者の健康診断や相談、訪問指導などを主に行います。

訪問指導とは、介護を受けている人などの自宅を訪問し、食生活や献立、栄養の知識に関する指導をすることをいいます。これは管理栄養士が行います。

管理栄養士の仕事

地域住民の健康サポートをする行政栄養士

保健所、保健センターに働いている栄養士を総称して「行政栄養士」と呼びます。

行政栄養士は、生活に関する相談も受けるので、日常生活のアドバイスも行います。

住民の方々の生活向上に貢献したい、生活習慣病を改善させたいという人はやりがいを感じる仕事でしょう。

そのほかの公務員栄養士

公務員栄養士には、いろいろあり、公立学校で働く栄養士は、「学校栄養職員」として募集しています。

そのほか、公立の病院、幼稚園、保育園で働く栄養士も公務員に当たります。

公務員であるので、公務員試験に合格することが必要になります。公務員栄養士を目指すのであれば、早めに勉強を始めておいたほうがよいでしょう。

各地方自治体により採用方法は異なりますが、採用数はあまり多くはありません。

欠員補充で募集が出ることもあるので、こまめに情報をチェックしておくことが必要になります。

仕事体験談