栄養士の特定保健指導とは

特定保健指導とは

交通機関が発達したお陰で移動が楽になりましたが、普段の運動量が減ったので、生活習慣病に悩まされる人が増えてきました。

そんな状況の中、2008年4月より40歳〜74歳までの医療保険加入者を対象に「特定健診・特定保健指導」がスタートしました。

「特定健診」とは通称「メタボ健診」と呼ばれるものです。メタボリックシンドロームは内臓脂肪が蓄積した状態をいいます。

そういった状態が続くと、生活習慣病になりやすくなり、高血圧・動脈硬化・糖尿病などの新たな病気へと繋がってしまいます。

それを未然に防ぐために、生活や食生活を改善する「特定保健指導」をするのです。

どんな人が対象なの?

40歳以上の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボまたは、予備軍だといわれています。腹囲測定で、男性85cm以上/女性90cm以上が対象となります。

対象者は指導レベルごとに「情報提供」「積極的支援」「動機づけ支援」の3段階に振り分けられます。

レベルごとの改善指導


「情報提供」は、腹囲測定の基準値以下であっても「血糖値、血中脂質値、血圧、禁煙の有無」の4項目に当てはまらない場合、改善するための情報提供のみをします。

「動機づけ支援」は、メタボ予備軍の人が対象です。

管理栄養士などと一度面談をし、生活上の注意点などを話し合いをし、半年後に生活習慣が改善されているかを判断、評価します。

「積極的支援」は、まず管理栄養士や保健師などと面接をし、生活習慣のどこが悪いのか分析・評価します。

そして、摂取カロリーやメニュー、運動量について改善プランを立て、目標を設定します。

約3ヶ月〜半年かけ電話やメール、手紙などのやり取りをまめにし、根気よく継続的な指導をします。

こうした生活改善の指導により病気を予防し、ひいては医療費の削減につながっていくのです。

仕事体験談