信用金庫への転職、中途採用

金融機関からの転職

地元にUターンして働きたい人や地域密着型の仕事をしたい人にとって、信用金庫への転職が魅力的に感じられることもあるのではないでしょうか。

信用金庫への転職をめざす場合、どのような準備が必要なのでしょう。

ここでは転職や中途採用の際に必要なスキルや資格について説明します。

まず、信用金庫は金融機関ですから、社会経済への関心や金融商品・不動産・法律などに関する知識が必要不可欠です。

「ファイナンシャルプランナー」「日商簿記」「宅建」などの資格を取得していると、専門知識をアピールできることがあります。

銀行を始めとした金融機関で働いたことがある人の場合は即戦力となるので、中途採用で優遇されることが多いようです。

前職での経験や得意な業務について書類や面接を通してしっかりアピールしましょう。

未経験者の挑戦

それでは、金融機関での就業経験がなく、全く異なる業界から信用金庫への転職をめざすことは可能なのでしょうか。

この点に関しては信用金庫によってスタンスは異なりますが、未経験でも適性があれば受け入れることはあり、他の業界で営業マンとして高い実績を誇っていた人が営業職として採用されることもあるようです。

特に大学の経済学部や商学部を卒業している人や個人で投資信託などの勉強をしている人、金融関係の資格を取得している人であれば、採用後の研修でしっかり知識を身につけることで早い段階で活躍できる人材となれるでしょう。

ただし、全くの未経験者の場合は育成にかかる時間を考慮しなければいけないので、採用試験の段階で年齢制限を設けていることがあります。

場合によっては20代後半までの人材しか採用しないということもあるので、転職を考える人はできるだけ早い段階で行動した方がよいでしょう。

また、現場でのエキスパートを育成する枠である「一般職」として採用された人が幹部候補生である「総合職」として働くことをめざす場合、他の信用金庫の総合職の中途採用に応募することで新しい働き方に挑戦できることもあります。

信用金庫への転職を検討している場合は、信用金庫の求人が豊富な転職エージェントに相談してみるのもよいでしょう。

信用金庫の求人を多く保有しているリクルートエージェントでは、面接対策などのサポートも充実しているので、安心して転職活動をスタートさせることができます。