鳶職人の1日のスケジュール・生活スタイル

鳶(とび)職人の業務スケジュール

鳶職人は、1日のほとんどすべてを建設現場での作業についやしますので、業務スケジュールとしては非常にシンプルになります。

事務所に出勤する日もあまりなく、自宅から現場に直行して、その日の仕事をこなし、そのまま現地で解散するという流れが一般的です。

1日のなかで特徴的なのは、安全管理が徹底されているという点です。

朝礼では、「KYミーティング」と呼ばれる危険予知のための話し合いが毎日行われますし、身体をほぐしてケガを防ぐためのラジオ体操も行われます。

また、正午前後の昼食休憩とは別に、午前と午後に1回ずつの小休憩が組まれており、体力を回復させて、高い集中力を保ちながら働きます。

周囲が暗くなると危険が増すので、定時を超えて作業することもまずありません。

鳶職人のスケジュールは、始業時刻・終業時刻ともに、かなり固定的といえます。

足場鳶として働く鳶職人の1日

足場鳶は、建設工事や土木工事に仮の作業スペースとなる足場を組み立てたり、工事終了後に解体したりする職種です。

1日の作業内容は、足場を設置するか、設置した足場を撤去するかのどちらかであり、基本的に朝から夕方まで同じ仕事を手がけます。

ほかの鳶職人や、荷上げなどの補助作業をしてくれる地上スタッフなどと協力しながら作業しますので、テンポよく仕事を進めるためには、息の合ったチームワークが大切になります。

7:30 出勤
建設現場に直接出勤し、着替えなどを済ませます。
8:00 朝礼
作業員全員で朝礼を行い、KYミーティングを行った後、ラジオ体操をして体をほぐします。
8:45 作業開始
あらかじめ発注しておいた枠組を使って、足場を組み立てていきます。
10:00 小休憩
水分補給するなどして15分ほど休んだ後、作業を続けます。
12:00 昼食休憩
持参した弁当などで手早く昼食をすませ、仮眠を取って体力回復に努めます。
13:00 作業再開
午前中から引き続き、足場の組立作業を行います。
15:00 小休憩
集中力を保ってケガを防止するために、休憩をはさみます。
16:30 片づけ
日が暮れる前に作業を完了し、現場の片づけと清掃を行います。
17:00 退勤
現場で解散し、自宅に直帰します。

鉄骨鳶として働く鳶職人の1日

鉄骨鳶は、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の大型建築物の建造において、骨組みとなる鉄骨を組み立てる職種です。

クレーンでつり上げられた鉄骨を所定の位置に誘導し、固定することがおもな仕事ですが、床となる部分にプレートを貼ったり、溶接することも仕事です。

足場鳶と比べると、業務スケジュールはもう少し複雑になり、実作業に加えて、重機操縦者との打ち合わせなど、1日のなかでさまざまな仕事をこなします。

7:30 出勤
朝礼のおよそ30分前には出勤して、図面の確認など、その日の準備を行います。
8:00 朝礼
全体で点呼を取ったあとは、体調確認も兼ねてラジオ体操を行います。
8:30 組立作業
クレーン操縦者と打ち合わせした後、鉄骨の組立作業を行います。
10:00 小休憩
休憩中はほかの職人と積極的にコミュニケーションをはかります。
12:00 昼食休憩
コンビニで弁当を購入したり、近くのレストランに行ったりします。
13:00 固定作業
組み終わった鉄骨の接合部分をボルトで固定します。
15:00 溶接作業
休憩をはさんで、溶接作業に移ります。
16:30 終礼
作業の進行状況を職長に報告し、情報を共有します。
17:00 退勤
明日の作業工程を確認した後、帰宅します。

鳶職人の勤務時間・休日