インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違い

求められる仕事、知識の違い

プロジェクトの企画・設計から入り、ときに建築士からも意見やアドバイスを求められることも多いインテリアデザイナーに対し、インテリアコーディネーターはあくまで家具やカーテンのインテリア品のコーディネートのみとなります。

アパレル業界でたとえると、

・インテリアデザイナー=ファッションデザイナー
・インテリアコーディネーター=スタイリスト

といったようなイメージでしょう。

資格でいうと、

・インテリアデザイナー=インテリアデザイナー資格
・インテリアコーディネーター=インテリアコーディネーター資格

を持っている人が多いという違いもあります。

インテリアコーディネーターは設計に関する知識も基礎的なレベルがあれば大丈夫ですが、作り付けの内装なども手掛けないとならないインテリアデザイナーにはそれなりに建築知識が必須となります。

設計図を正しく理解できるかはもちろん、CADを利用して設計図やイメージ図を作れるか、必要であれば3Dのプレゼン資料を作れるか、このあたりの知識やスキルはマストです。

人によっては二級建築士の資格を持っているインテリアデザイナーもいます。

家具や什器までもみずから創るとなると、さらに工業デザインの知識も必要となります。

インテリアコーディネーターの仕事

それぞれが活躍する分野は?

ホテルや、美術館、イベントブースなど、照明や、音、空間を大きく使ったダイナミックでアーティスティックなデザイン性の高い仕事も多いのがインテリアデザイナーです。

それに対して、インテリアコーディネーターは、主に住宅や店舗などの生活に身近な仕事が多くなります。

建築の知識もそれほど必要がないことから、社会人になってから目指す人も多く、転職組や女性の割合が多いのもやインテリアコーディネーターのひとつの特徴です。

絶対的な違いはあまりなし

上記のような違いがあるとはいえ、その境界線はあいまいなことも多々あります。

インテリアデザイナーには気に入った装飾品や家具が見つからなければ自分でデザインして作ってしまう人も多くいますが、インテリアコーディネーターでも同じように自分で制作してしまう人もいます。

そもそも「デザイナー」という職業自体が、ジャンルを飛び越えた仕事をすることは珍しくもなく、ハッキリとし境界線もない職業です。

なんという肩書を名乗るか、どんな範囲の仕事が来るのか、またそれを請け負うのかは本人次第でもあるのです。