言語聴覚士の給料・年収

初任給はどれくらい?

言語聴覚士の初任給のボリュームゾーンは、22万円〜26万円くらいといわれています。

年収にして300万円〜400万円くらいが目安となるでしょう。同じリハビリテーション関連の職業である理学療法士や作業療法士と比較すると、わずかながら給与は低めの傾向になるようです。

年収500万円以上を望むのであれば、管理職を目指す必要があるといわれています。

しかしながら、言語聴覚士はまだ人数が足りていないとされる職業であるため、地域や勤務先によってはかなり良い待遇で受け入れられることもあります。

言語聴覚士の給料は勤務先によって異なりますし、病院や施設の規模でも差が出ることが多いため、収入を一番に考えたいのであれば、給与制度や待遇をしっかりと見ておく必要があるでしょう。

しかし、言語聴覚士は専門職として日々のスキルアップが欠かせない職業であることから、給料以上に得られるものを見つけられないとモチベーションがあまり上がらなくなってしまい、仕事を続けることが難しくなってしまう場合もあります。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアパスなど、給与以外の面までしっかりと見て就職先を考えたほうがよいでしょう。

待遇や雇用形態も勤務先によってバラバラ

現在、言語聴覚士が活躍できる領域は医療のみならず、福祉や教育などまで広がりを見せています。

そうしたなか、勤務先も総合病院や大学病院だけではなく、リハビリテーションセンター、老人保健施設、学校教育現場など多岐にわたっており、雇用体系や待遇も多様なものになっているようです。

同じ言語聴覚士といっても、働く場所によって、生活の様子は大きく変わることもあります。

しかし、一般的に言語聴覚士の待遇が非常に悪いということはあまり聞かれず、他のリハビリ職と同じように安定した待遇の下に働ける職場が多いようです。

とくに、福祉施設などであると「医療職」という扱いから待遇がだいぶ良くなることもあります。また、公的病院に勤務すれば福利厚生が公務員に準拠したものとなり、より安定した環境で働きやすいようです。

しかし、この仕事を続けていくのであれば、やはり自分で複数の職場を見比べて、本当に行きたいと思った場所を選ぶことが大切です。

待遇以上に「やりがい」が感じられる職場かどうか、という視点で勤務先を選んでいる人も多いようです。

仕事体験談