言語聴覚士になるには・資格は必要?

言語聴覚士になるまでの道のり

国家試験に合格する

言語聴覚士は国家資格であり、言語聴覚士になるためには言語聴覚士国家試験に合格しなければなりません。

言語聴覚士の試験は誰でも受験できるものではなく、まずは高校卒業後に言語聴覚士の養成課程がある大学や短大、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了し、国家試験の受験資格を得ることからスタートしなくてはなりません。

国家試験の受験資格を得て、試験合格を目指す

このような養成学校に通っても、それだけで言語聴覚士になれるわけではありません。

言語聴覚士国家試験の受験資格を得ることができたら、試験に合格することが必要です。

そう簡単に資格を取ることはできませんが、それだけ専門性が高い資格といえるでしょう。

言語聴覚士の資格・難易度

言語聴覚士の国家試験の難易度

言語聴覚士の国家試験は、例年65パーセント前後で推移していましたが、2019年の合格率は68.9%となり前年の79.3%と比べると10ポイント近く下落するなどばらつきがあります。

国家試験は決して簡単なものではなく、しっかりと勉強をしておかないと不合格になる可能性は十分にあるため、気を引き締めて取り組んでいくことが大切です。

もし試験に落ちてしまったら?

残念ながら国家試験で失敗してしまった場合でも、言語聴覚士への道をあきらめる必要はありません。

言語聴覚士の職場となる病院やリハビリ施設によっては、アルバイトのような形で働きながら勉強を続けさせてくれる場所もあります。

一発で国家資格を取得し、資格を持ったうえで働くことに越したことはありませんが、次の試験で合格することを目標に頑張り続けることは可能です。

言語聴覚士国家試験の難易度・合格率

言語聴覚士になるための学校の種類

言語聴覚士の養成学校の数は、リハビリ職の需要の高まりとともに増え続け、現在では全国各地に存在しています。

ひとくちで養成学校といっても、大学と専門学校ではカリキュラムや在学中の過ごし方がだいぶ異なってきますし、学校ごとに校風も違います。

自分がどの学校に進学し、どのような勉強をしたいのかというのは入学してからの勉強のモチベーションに大きく関わってくるため、納得のいく学校選びをすることが大切です。

なお、言語聴覚士養成校以外の一般の大学を卒業している場合、指定された大学・大学院の専攻科または指定の養成所で2年以上学ぶことでも受験資格を得ることが可能です。

言語聴覚士になるための学校の種類と費用(大学・専門学校・通信)

言語聴覚士に向いている人

根気がある

リハビリテーションは、長期間かけて実施する必要があることも多く、成果がすぐに出るとは限らず、忍耐力や根気が求められる仕事です。

また、人間の言語能力についてはまだ不明な部分も多く、問題の原因もさまざまであるため、わからないながらも粘り強く原因を探り、解決策を考えられることも大事です。

コミュニケーション能力がある

言語聴覚士は、考えていることをうまく言葉で表現することが難しいという患者さんのサポートをしていくため、自身のコミュニケーション能力や相手の気持ちを察する能力も求められます。

また、コミュニケーションが苦手な患者さんもいるため、包容力や相手を思いやる優しさも非常に大切です。

言語聴覚士に向いている人・適性・必要なスキル

言語聴覚士のキャリアプラン・キャリアパス

高齢化社会が進み続けるなか、高齢者の言語障害や、「食べる」「飲む」などの能力に問題を抱える人が増えてきています。

今後もこの傾向は続くと考えられ、とくに福祉の分野において、言語聴覚士の需要は高まっていくでしょう。

また、今後は病院やリハビリテーションセンターだけでなく、地域で高齢者を支えていく活動も重要になり、自宅訪問などの仕事も増えていくと考えられます。

言語聴覚士を目指せる年齢は?

言語聴覚士の資格取得に年齢制限はなく、何歳からでも目指すことができます。

未経験や異業種からの転職だけでなく、言語聴覚士の仕事はこれまで医師看護師が担っていたことから、こうした医療職に就く人が転職で言語聴覚士を目指すことも少なくないようです。

言語聴覚士は男性でもなれる?

言語聴覚士のようなリハビリ職は女性が多いイメージがありますが、言語聴覚士として働く男性も多くいます。

正確な男女比は発表されていませんが、その割合は7:3から8:2程度で女性が多いといわれています。

言語聴覚士の活躍の場が増えるにつれ、今後より男性の言語聴覚士が活躍していくことも増えてくることでしょう。