言語聴覚士の1日・生活スタイル

言語聴覚士の業務スケジュール

言語聴覚士の1日は、ほかの医療職のように急患や繁忙期などがないため、あらかじめ定まったスケジュールをきちんとこなしていくことが大切です。

これは医療機関だけでなく、福祉施設等で働く場合も同様で、あらかじめ決められたスケジュールに沿って訓練をしていくという毎日を繰り返します。

1日の動きがあらかじめ決まっていることが多く、仕事の流れが見えやすい職業といえるかもしれません。

医療機関で働く言語聴覚士の1日

08:00 ミーティング

出勤後、理学療法士、作業療法士などを交え、患者さん一人一人の状態や今日のスケジュール、伝達事項を共有します。

他の職業の人がどのようなことをしているのかしっかりと把握し、職業間のやりとりがスムーズ出来るよう心がけます。

ミーティング後は仕事の準備や書類整理を行います。

10:00 言語訓練

言語に障害のある患者さんの訓練を行います。

患者さんは、失語症や摂食・嚥下障害、構音障害など、一人ひとり異なる問題を抱えているため、その人に適した訓練を行います。

12:00 患者さんの昼食付き添い

ものを飲み込むのが難しい患者さんの場合、誤って喉にものを詰まらせることがないよう付き添いをします。

訓練を重ねてきた患者さんにとっては、食事そのものが訓練でもあります。

14:00 回診同行

患者さんの回診に同行して、病状の把握をし、今後のプログラムに生かします。

また、訓練や回診がすべて終われば記録をつけ、今後の訓練プログラムに生かしていきます。

16:00 嚥下検査

嚥下機能の検査には嚥下造影検査や内視鏡検査がありますが、これらは医師により実施されます。

言語聴覚士は検査によって撮影された写真の読影を行い、患者さんの病状把握に役立てます。

18:00 勉強会

一通りの訓練・検査を終え、業務は終了しますが、勉強会がある日は参加します。

新たな訓練法を取り入れたり、一つの症例に対して討論方式で訓練方針を話し合ったりする(ケースカンファレンス)こともあります。

福祉施設で働く言語聴覚士の1日

8:30 出勤

9:00 朝のミーティング

職員のほとんどは福祉職であるため、言語聴覚士は福祉職との合同のミーティングを行った後に、医療職で独自にミーティングをします。

10:00 訓練開始

福祉職の人と連携を図りながら、利用者の生活援助をしたり、レクリエーションなどを実行したり、個別に訓練をしたりします。

利用者の生活に密着していくため、計画通りに物事が進まないことも多々あり、毎日違う出来事が起こる可能性は高いです。

12:00 昼食

ものを飲み込むのが難しい利用者さんがいる場合には付き添いを行います。

14:00 レクリエーションに参加

施設内で行われるレクリエーションに参加し、利用者さんを補助しながら言語能力や身体機能について観察します。

15:30 ミーティング

施設と連携している医師・看護士などと今後のリハビリについてのミーティングを行います。

回復が早かったり、障害が重かったりする場合には別施設でリハビリを行うこともあります。

17:00 ご家族との話し合い

利用者さんの家族が面会に来た場合は、本人の症状や今後のリハビリの内容、回復の程度を説明します。

18:00 退勤

言語聴覚士の勤務時間・休日