言語聴覚士のやりがい・楽しさ・魅力

言語聴覚士のやりがい・楽しさ

患者さんの人生に関わる仕事

言語聴覚士を必要とする患者さんの状態はさまざまで、なかにはリハビリがあまりうまく進まないこともあります。

しかし、どのような場合でも言語聴覚士は一人ひとりの患者さんと真摯に向き合い、その人がよりよい人生を送れるように力を注ぎます。

患者さんの変化も近いところで感じ取ることができるため、自分の頑張りによって患者さんの気持ちが少しでも晴れたり、状態が改善に向かったりすれば、それほどうれしいことはありません。

「人を助けたい」という気持ちが強い人にとっては、日々の仕事そのものが大きなやりがいに感じられるはずです。

スムーズに食べられるようになる喜び

「食事支援」では、食事で苦労している人がスムーズに食事ができるように、補助具を作成したり食べ方のコツなどを教えたりしてサポートをしていきます。

言語聴覚士が食べ方のコツを伝えることも非常に重要で、これは高い専門性を持っている言語聴覚士でしかできないことが多い仕事です。

とくに食べ方や噛み方に癖がある人にとっては、食べ方を教えることは状態を改善させるための有効な手段となります。

これは子どもでも大人でも同様で、食べるということは生きることに直結する行為のため、少しでもうまくいくようになると、訓練を受けている人はとても喜びを感じ、うれしさを表現してくれます。

患者さんとのコミュニケーション

言語聴覚士の訓練では、患者さんとの言葉のやり取りが多くあります。

あくまでも訓練としての言葉のやり取りですが、患者さんも訓練と割り切って言語聴覚士と会話をしていくため、形式的にでもコミュニケーションをとる機会が増えます。

患者さんの些細な話からその人の心理状態や置かれている状況がつかめることもあり、少しずつコミュニケーションを深めてリハビリへとつながっていくことは、言語聴覚士の大きなやりがいの一つとなります。

言語聴覚士の仕事内容

言語聴覚士の魅力

言語聴覚士は貴重な職業

規模が大きな病院などでは、理学療法士作業療法士が何人もいる職場は比較的多くありますが、言語聴覚士が複数いる職場というのは、それほど多くありません。

言語聴覚士はその職場において「たった一人の専門職」という立場になることも多く、責任もそれだけ大きなものとなります。

逆にいえば、周囲の人たちから非常に頼りにされたり、あるいは多くの仕事に関わったりするチャンスが他の職業よりもあるということになり、責任ある仕事をすることで、やりがいを感じていくことができるでしょう。

食事のスペシャリスト

「言語の訓練」という要素が強い言語聴覚士ですが、食事においてのスペシャリストでもあります。

言語聴覚士は言語に関する専門的知識をそのまま食事に生かしていくことができるため、訓練のなかにも取り入れていくことができるからです。

「食事をサポートする」ということは簡単なように見えて非常に難しく、言語聴覚士でも練習や経験を積まなければうまくできるようにはなりませんが、その経験を積む現場がほかのリハビリ職よりも多くあるのです。

食事をサポートしていくなかで、看護士に指導をしたり助言をしたりすることもあり、他の医療職がカバーしにくい患者さんの食事という場面で、大きな力を発揮することができるのは言語聴覚士の魅力のひとつといえます。

専門的な知識を手に入れる機会が多い

言語聴覚士は、業務では他の医療職との関連性もあるため、他分野の知識を手に入れることができる場面も多くあります。

とくに食事訓練の時には、看護師など複数の医療関係者が連携していくことも珍しくありません。

他分野の知識を深めていくことができ、他分野と連携して知識や技術を磨いていくことができるのも言語聴覚士の魅力です。