女性の言語聴覚士のキャリアパス・結婚後の生活

女性の言語聴覚士の現状

言語聴覚士は男女関係なく活躍できる職業であり、性別による仕事内容などの違いは他のリハビリ職と同様にありません。

しかし、他のリハビリ職に比べると言語聴覚士は女性からの人気が高めで、女性が言語聴覚士全体の約8割を占めている状況です。

もともと女性の数が多い職業であることから、女性にとっての働きやすさを重視したさまざまな制度を整えている職場も多く、比較的安心して働き続けやすい仕事といえるでしょう。

女性の言語聴覚士の強み・弱み

力仕事はほとんどない

実際の仕事内容としても、ほかのリハビリ職のように患者さんの身体を支えたり持ち上げたりといった力仕事というのはほとんどなく、患者さんと話をしていくこと、観察をしていくことがメインになります。

そのため、体力に不安がある女性であっても十分に活躍することができます。

女性ならではのやさしさを武器に

「食事に関しての支援」も言語聴覚士の役割のひとつとなりますが、この行為は「やさしさ」など、女性的なイメージを持つ人も多いです。

実際、女性のほうが男性よりも慣れていることが多く、抵抗感なく行うことができる場面もあり、特に子どもと関わっていく現場であると、さらにそのような特徴は強くなっていくことでしょう。

ただし、これらの業務も女性しかできないということはなく、もちろん男性でもおおいに専門性を発揮して活躍している人はいます。

かつては「言語聴覚士は女性の仕事」と考えていた人も多いようですが、現代では男性の言語聴覚士も増えつつあり、男女の差はあまり関係ありません。

女性でも男性でも、しっかりと患者さんをサポートするという意識があれば、問題なく仕事を遂行していくことはできます。

言語聴覚士の結婚後の働き方・雇用形態

言語聴覚士として働きながら結婚をする人は多くいます。

結婚・出産を経験してからも言語聴覚士を続けることは十分可能で、言語聴覚士は女性もたくさん活躍しており、職場によっては育児休暇を積極的に取ることが推奨されているところもあります。

また長期的な休暇から復職するときに、スムーズに現場に戻れるよう、独自の研修体制が整えられている職場も少なくないため、そのような職場であれば不安なく仕事に再び挑戦しやすいといえるでしょう。

言語聴覚士は子育てしながら働ける?

女性のなかには、結婚や出産、育児などライフスタイルの変化によって、休職・退職する人もいます。

しかし、言語聴覚士の場合はまた職場に復帰をする人も多く、仕事と家庭をうまく両立させて働き続ける人もたくさんいます。

とくに子どもとの関わりが多い現場であると、家庭を持ったことによって初めて気付けることも出てくるため、より言語聴覚士としての力を発揮しやすくなることもあるようです。

また、フルタイム勤務が難しい場合にはパート勤務という選択肢もあるため、たとえ育児をしながらでも仕事を続けていくことは十分に可能です。

言語聴覚士は女性が一生働ける仕事?

言語聴覚士として働き続けていきたいものの、結婚すると十分な時間を確保することができなかったり、出産や育児をするにあたって不安が大きいと感じたりする人もいるでしょう。

そのような場合は、思いきって職場を変えてしまう方法もあります。

前線からは一歩退き、リハビリのサポートをするような言語聴覚士になったり、医療機関よりも比較的生活に密着しゆったりとリハビリができる福祉施設での言語聴覚士として働いたり、また正社員からアルバイトやパートへと勤務体系を変えて働いたりする人もいます。

言語聴覚士はどの業界でも不足気味のため、ひとつの職場に固執さえしなければ、一生働き続けることができるでしょう。