言語聴覚士の需要・現状と将来性

言語聴覚士の現状

言語聴覚士は全国的に不足

言語聴覚士という職業は、1999年につくられた比較的新しい資格です。

まだ認知度が低い職業のため全国的に言語聴覚士は不足しているといわれ、理学療法士作業療法士と比べると医療機関当たりの配置人数も少なく、いわゆる「一人職場」も多く見られます。

ですが、仕事が理解されていくにつれ、今後はより言語聴覚士が増加していくことが考えられます。

柔軟な働き方が可能

言語聴覚士の活躍の場は広く、ケガや病気をした人やお年寄りだけでなく、障害を抱えた子どもへの療育や訪問リハビリなどでの需要も高いため、近年注目を集めています。

パートやアルバイトとして働く方法もあるため、他の医療職に比べ柔軟な働き方がしやすいことも人気の理由です。

言語聴覚士の需要

現在でも言語聴覚士の需要は多くありますが、今後高齢化社会が進み続ける日本で、リハビリに関わる専門職として、言語聴覚士の職業としての需要はさらに増えていくことになると考えられます。

「言語」は、人と人とのコミュニケーションと深い関わりがあります。

また言語を発するにあたって切っても切り離せない「口腔」に関することは、命をつなぐ食事と深く関わりがあります。

言語聴覚士が持つ高い専門性は医療現場だけでなく、福祉施設や学校など、さまざまな現場で生きてくることになるでしょう。

言語聴覚士の将来性

言語聴覚士は、かつて言語や口腔と直接関わりのある仕事がメインとなっていましたが、これから先は、より幅を広げながらその専門性を発揮することができるでしょう。

最近は、医療現場で「チーム医療」という言葉が浸透し、他の専門職スタッフと情報を共有することが医療従事者として必要とされ、他職種の情報を集めて総合的に患者さんを診ていくことが望ましいという流れになってきています。

言語聴覚士もこうした変化に対応することが求められ、理学療法士や作業療法士をはじめとしたリハビリ分野だけでなく、医師看護師、また患者さん自身やその家族ともコミュニケーションをとりながらリハビリ・訓練を行う必要があります。

言語聴覚士も自身の強みを生かしながら、これまでよりも広い視野を持って患者さんと接する必要があります。

言語聴覚士のニーズは高まっており、職業としての未来は明るいものがあり、新しい価値観に対してしっかりと対応できる技術と考えを持っていれば、より活躍の場は広がるでしょう。

言語聴覚士の今後の活躍の場

言語聴覚士は、理学療法士や作業療法士と比べると資格取得者が少なく、今後より活躍が見込まれる職業です。

職業として認知され仕事に就く人数が増えるにつれて、より活躍の場が広がっていくと考えられています。

これまでは言語に関するリハビリというと、けがや病気をした人やお年寄りを対象とすることが一般的でしたが、今後は発達障害などを抱えた子どもに対する「療育」分野での活躍が見込まれています。

また、国として在宅医療をすすめるなかで、訪問介護や訪問リハビリのジャンルでも活躍する言語聴覚士が増えると予想されています。