ダンサーの仕事内容

身体を自由自在に動かして表現する

ダンサーは、自分の身体を使ってダンスステップやパフォーマンスを披露し、豊かな感情を表現することで観客に感動を与える仕事です。

ダンスといってもそのジャンルは幅広く、古くヨーロッパで誕生したクラシックバレエを発祥とし、そこからモダンダンス、ヒップホップなどのストリート系ダンス、社交ダンス、ひいてはミュージカルや宝塚まで、現在は日本でも多種多様なダンスが踊られています。

舞台のミュージカルやテレビ番組、映画などに出演するほか、歌手などのバックで踊るバックダンサー、クラブイベントで踊るダンサー、遊園地やテーマパークのショーに出演するダンサーなどがおり、自分の持ち味を生かしてさまざまな場所で活躍しています。

プロとアマチュアの違い

日本でもダンスはすっかり馴染みあるものになっていますが、まだ海外ほど「ダンサー」という職業が職業として成り立っていない面もあると言われます。

また、「○○の資格をとれば一人前のダンサー」というものも存在しないため、プロとアマチュアの境目が曖昧で、あまり経験がなくても「私はプロだ!」と言えば、その日から趣味のレベルを超えることになるのかもしれません。

しかし、基本的には求められるダンスをきちんと踊ることでお金をもらい、ダンスで生計を立てることができる人がプロと言えます。プロとして活躍し続けるにはただ自分が楽しむだけではなく、人を感動させるために日々の地道なトレーニング、レッスンが欠かせません。

講師や振り付け師として活躍する人も

中にはステージに出演するだけでなく、自らのダンス経験を生かしてダンス教室の講師として働く人や、作品づくりに欠かせない振り付け師として働く人もいます。ダンス業界の発展のため、後進の指導を行うこともダンサーの重要な役割です。

仕事体験談