ダンサーのつらいこと・大変なこと・苦労

ダンサーのつらいこと・大変なこと

ダンサーは実力主義の仕事

ダンサーはレッスンを受けて日々ダンスの技術を磨いても、仕事を得るためにはオーディションを受けなければなりません。

もちろん、プロダクションなどに所属していたり人脈があったりする場合は、直接仕事を紹介してもらえることもありますが、ダンサーの大半は1つの作品やイベントごとにオーディションを受け、合格を勝ち取って出演しています。

オーディション内容は案件によって異なりますが、その場でダンスを踊る実技審査が合否を大きく左右します。

大きな仕事や人気があるイベントの場合は、数百倍もの倍率になることもあり、本物の実力とセンスがなければ合格は難しいです。

仕事を勝ち取ることができないと無給となってしまうため、ダンサーは常に不安定な生活を抱えながら仕事をしています。

厳しいレッスンを乗り越える

ダンスが嫌いでダンサーになる人はいませんが、ダンスを仕事とする上では楽しいことばかりではありません。

オーディションになかなか合格できないこともあれば、レッスンで思ったように踊れず厳しく指導され落ち込むこともありますし、思うようなパフォーマンスができず観客から良い反応がもらえなかったりしてしまうこともあるかもしれません。

実力主義の厳しい世界ですから、華やかに見えるステージの裏で、ダンサーたちは必死に努力を続けています。

しかし、ダンスで表現することに限界はないため、いつまでも上を目指して努力することで、より仕事の幅も広がっていくことでしょう。

ダンサーの悩み

ダンサーは身体を酷使する仕事なだけに、ケガなどの故障でダンスができなくなってしまう可能性もあります。

ケガを防ぐには、正しい身体の使い方を身につけるだけでなく、日ごろからトレーニングやケアをする必要があります。

ダンサーにとって身体は資本です。

常に全力で踊り続けるためには、健康状態やコンディション調整に人一倍気をつけなければなりません。

ダンサーを辞める理由で多いものは?

生計を立てていくのが難しい

ダンサーを志す人の多くは、「自分自身で踊り、人を楽しませたい」という思いを持っていることでしょう。

しかし、ダンスパフォーマンスだけで食べていくのは、想像以上に難しいことです。

第一線で活躍するダンサーも、イベントやショーなどに出演しながらダンス講師の仕事をしていたり、中には他の仕事をして生活を成り立たせていたりする人も少なくありません。

よほどのことがない限り、すぐに大成する仕事ではありませんが、諦めずに目標に向かって努力し続ける気持ちを忘れないようにしなければなりません。

挫折やスランプ

ダンサーとして長く活躍していく上では、挫折やスランプはつきものです。

思うようなパフォーマンスができなかったり、ライバルとの差を目の当たりにしたりしてダンサーとして舞台に立つことをあきらめてしまう人は少なくありません。

こうした挫折やスランプをどう乗り越えていくかが、プロのダンサーとして問われていくところでもあります。