このサイトはグラウンドキーパーを目指す人のための情報サイトです。

グラウンドキーパーとは?

グラウンドキーパーは、野球場やサッカー場などでグラウンド整備を行う仕事です。試合前にグラウンドを平らにならしたり、規則に沿ってラインを引いたりし、選手が最高のパフォーマンスを発揮し、安全にプレーできる環境を整えます。この仕事に就くうえで特別な資格は必要ありませんが、整備の際にはグラウンド状態を見極める必要があるため、スポーツ経験がある人のほうが望ましいといえるでしょう。チームの職員や競技場によって委託を受けた専門業者の社員、あるいは自治体の職員として働く人が多く、給料の相場は一般的な会社員と同等といわれています。グラウンドキーパーはスポーツ界を支える重要な存在ですが、競技場の施設が限られていること、また経験を積むことで熟練していくため、長く務める人が多く、新規採用は決して多くないのが実情です。

グラウンドキーパーの仕事内容

グラウンドキーパーの仕事は、野球場やサッカー場などでグラウンドの整備を行うことです。

試合直前にグラウンドを平らにならしたり、規則に沿ってラインを引いたりして準備をします。

グラウンド状態は、その日の天気に大きく左右されますし、気象条件によっても微妙に変化します。

野球場なら試合当日の天気に合わせて土を硬くしたり、柔らかめに仕上げたりと微調整もします。

また、サッカー場なら、芝の状態がプレーにまで影響します。速いパス回しを得意とするサッカーチームのスタジアムなら、少しでもボールの転がりをよくするため、ピッチの芝を短く刈り込んだりもします。

選手たちが試合で最高のパフォーマンスを発揮できるように、競技場の細部にまで目配りしながらグラウンドを整備していきます。

グラウンドキーパーになるには・必要な資格

グラウンドキーパーになるのに、とくに必要な資格はありません。

グラウンドキーパーは、競技場によって委託を受けた専門業者の社員だったり、ホームチームの球団職員だったり、管理・運営する国や自治体の職員だったりとさまざまです。

専門業者ならその会社の社員、球団職員ならその球団に採用される必要があります。

また、国や自治体の職員なら、公務員試験を受けて採用されることが前提です。

甲子園球場の整備で有名な阪神園芸は「新卒採用」と「キャリア採用」を行っています。

新卒採用の場合、大学や専門学校などの卒業見込み者、キャリア採用は実務経験のある人が対象で、筆記試験と面接によって合否が判定されます。

競技場ごとにどんな人がグラウンド整備を担当しているか調べ、それぞれの採用情報をチェックする必要があります。

グラウンドキーパーに向いている人

グラウンドキーパーに向いているのは、まず繊細な感性をもつ人です。1年を通じて緑の芝を維持するには、ほんのわずかな変化もキャッチしながら慎重に育てる必要があります。

また、芝やグラウンドの乱れが勝敗を左右したり、選手のケガにつながります。わずかな乱れにも敏感に気づけることが重要です。

さらに、どちらかといえば、スポーツ経験のある人の方が向いています。

たとえば、野球場の整備で一番難しいのはマウンドです。マウンドの作りを変えたことで投手成績がアップした球団もありますし、先発投手によってマウンドの硬さを変えている球団もあります。

グラウンド状態とプレーの密接な関係をしっかり理解するには、競技経験がある方が有利でしょう。

もちろん競技経験がなくても、繊細な感性があれば、仕事をしながら理解を深めていくことは可能です。

グラウンドキーパーの就職状況・雇用形態

グラウンドキーパーに限った採用は、ほとんどありません。専門業者や球団スタッフ、国や公共団体の職員として採用され、競技場の整備を担当する部署に配属されます。

しかし、必ず希望の部署に配属されとは限りません。

東京ドームを担当する「東洋ビルサービス」は、「人々が快適に過ごせる空間を維持する」会社として遊園地など他の施設の管理も請け負っていますし、一般のビルや店舗の清掃・管理なども行っています。

入社しても、どんな部門に配属されるかはわかりません。

競技場によっては、補助員としてアルバイトを雇っていることがあります。まずアルバイトとして経験してみるのも一つの方法です。

仕事ぶりが認められ、社員として採用されたケースもあるようです。

グラウンドキーパーの給料、年収、待遇

グラウンドキーパーは、業者や団体の社員として給料をもらいます。その額は会社や企業によって異なりますが、全体的な相場は一般サラリーマンと同程度です。

阪神園芸のHPによれば、初任給は大学卒が20万1000円、専門学校卒が16万7500円となっています。

待遇も、一般企業並みに整っています。

現在のように競技場やテーマパーク、商業施設の人気が高く、緑化など環境問題に関心が高いと、こうした会社は一般的には地味ですが、専門業者として貴重な存在です。

また、グラウンドキーパーの仕事は奥が深く、経験を積むほど重要な仕事も任されるようになり、やりがいも感じるでしょう。アルバイトの場合、時給は900円前後が相場です。

グラウンドキーパーの生活、勤務時間、休日

屋外施設の場合、試合の数日前から、当日の天気予報に合わせてグラウンドの準備が始まります。

試合当日は、ナイトゲームでも朝から出勤します。その日の気象条件に合わせて最終調整をした後、試合前練習の準備をします。

試合中もグラウンド状態を見守りながら待機し、途中でグラウンド整備をしたり、不測の事態に備えます。

試合が終了すると後片付けや整備をしますので、試合当日は朝から夜遅くまでの勤務になります。

試合のない日でも芝の修復をしたり、マウンドの補修をするなど作業はたくさんあります。

さらに、シーズンオフは芝の養生や人工芝の張り替え、土の入れ替えなど1年を通して忙しいです。

地震や台風などで被害が出れば、競技場に泊まり込んでグラウンド状態や芝の復旧作業を行うこともあります。

グラウンドキーパーの現状と将来性

グラウンドキーパーは、現在のスポーツ界では、グラウンドを整備するだけではなく、勝敗や戦術にまで大きく関わる貴重な存在になっています。

チーム戦術や選手の特徴に合わせたグラウンドを作れるグラウンドキーパーは尊敬もされ、プロ選手を支える裏方としてマスコミに取り上げられることもあります。

しかし、競技場の施設は限られており、グラウンドキーパーの人数自体が多くありません。また、経験を積むことで熟練していくため、長く務める人が多く、新規採用の少ないのが現実です。

それでも希望はあります。2020年の東京五輪に向けてスポーツ環境が見直される可能性があるからです。

全国にはまだまだ整備の行き届いていない競技場がいくつもあります。そうした競技場をしっかり管理・運営するようになれば、グラウンドキーパーの働き場所も増えていくはずです。