このサイトはバレリーナを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「バレリーナ」

仕事内容
日本におけるバレリーナとは、一般的にクラシックバレエの踊り手のことを指します。舞台に出てバレエを踊り人々を魅了するバレエは、古くから伝わる身体芸術の一つです。バレリーナは常に振付家の意図に沿った表現をしなければならず、身体の美しさや卓越したテクニック、豊かな表現力など 多くのことが求められます。過酷な訓練を乗り越え、周囲から実力が認められた一部の人だけが主役級の役を演じられる厳しい世界です。
なるには
プロのバレリーナになるには、バレエ団に入り、レッスンを重ねていく必要があります。子どもの頃からバレエを始める人が多く、バレエ団付属のバレエ学校や個人のバレエ学校・スクールなどに入校し、その後バレエ団のオーディションを受けて入団を目指します。バレエの指導方法は学校によって大きく異なりますが、将来的に海外で踊ることを目指す場合は、行きたい国のメソッドに沿った指導を行う学校を選ぶ必要があります。
給料
日本国内で活動する場合、バレリーナ、つまりはクラシックバレエを踊ることだけで生活していくのは大変難しいことです。給料の仕組みはバレエ団によっても異なりますが、ほとんどの場合は毎月固定給がもらえるわけではなく、公演のチケットノルマの半額がバレリーナの収入になるといったケースが多いです。そのため、バレエ教室やスポーツクラブなどで教師をして生計を立てている人も少なくありません。
将来性
日本には複数の有名なバレエ団が存在しますが、それらに入団するにはオーディションに合格する必要があるなど、狭き門となっています。小さなバレエ団の場合は経営が安定せず十分な給料が支払われないケースもあるなど、多くのバレリーナは厳しい環境下で過ごしています。現在、日本には国立のバレエ学校が存在しないため、まずはどのバレエ団に所属したいかを決め、進路を見据えた努力を続けることが必要になるでしょう。