ダンサーの1日・生活スタイル

ダンサーの業務スケジュール

ダンサーの1日は、仕事内容によって異なります。

日中のショーに出演する人もいれば、夕方から深夜にかけてクラブイベントでパフォーマンスをするダンサーもいるため、仕事に合わせて柔軟に対応しなければなりません。

また、ステージ出演を終えてからダンスインストラクターとして人にダンスを教えるという人も少なくなく、多忙な毎日を送っている人も多いようです。

それぞれの仕事を上手く管理することはもちろん、多忙ななかでも生活リズムを整え、ステージの時間に最高のパフォーマンスができるようにするのがプロのダンサーです。

ステージがある日のダンサーの1日

8:00 会場に集合

集合後はダンサー、スタッフ全員で打ち合わせをします。

その後はストレッチや軽い練習をしてリハーサルに備えます。

9:00 リハーサル

実際のステージを想定してリハーサルを行います。

ダンスのことだけでなく、音響や照明など細かいところまで入念に打ち合わせます。

11:00 メイク・着替え

本番の衣装に着替え、メイクを行います。

ヘアメイクはスタッフさんが行う場合もあれば、自分で行うこともあります。

12:00 本番(1公演目)

14:00 公演終了

本番終了後はミスがなかったかを確認し、2公演目に向けて再度打ち合わせを行います。

2公演目までは食事をとったり休憩をしたりします。

ほかのダンサーさんやスタッフさんと交流することも楽しみの1つです。

17:00 本番(2公演目)

19:00 公演終了

スタッフに挨拶をし、控室を片付けステージをあとにします。

次回公演がある場合はその打ち合わせをして帰路につきます。

ダンススタジオで働くダンサーの1日

9:00 起床

パフォーマンスに影響が出ないよう毎日規則正しい生活を心がけています。

9:30 ストレッチ・筋トレ

ストレッチ・筋トレは毎朝欠かせません。

スタジオに行く前に身体をつくっておきます。

10:00 ダンススタジオに出勤

午前中はレッスンがないため事務仕事を行います。

各生徒の情報を管理したり、レッスンのスケジュールを組んだりすることも大事な仕事です。

11:30 休憩

レッスンに差し支えないよう、軽めに食事をとります。

その後はスタジオを掃除したり、再度ストレッチをしたりと午後からのレッスンに備えます。

13:00 スタジオレッスン

午後からはスタジオレッスンが始まり、インストラクターとして働きます。

お昼すぎは主婦や子どもが多く、夕方からは学生のレッスンが多くなります。

それぞれの年齢やレベルに合わせた適切なダンスを考え、後進の指導をしてダンスの魅力を伝えていくことも大切な仕事です。

19:00 休憩

レッスンがひと段落したところで休憩を取ります。

食事をとったり、場合によっては生徒に個人レッスンをしたり、延長でレッスンをしたりすることもあります。

20:00 ダンス練習

この日は個人レッスンがないため、そのままスタジオで自分のダンス練習を行います。

オーディションを控えているときやステージの前は夜遅くまでスタジオにこもり練習することもあります。

22:00 帰宅