「プロ野球選手」とは

野球選手_画像

日本野球機構(NPB)に加盟するプロ野球球団と契約を結び、公式戦に出てプレーする。

プロ野球選手の仕事は「日本野球機構(NPB)に加盟するプロ野球球団と契約し、シーズン中の試合に出ること」です。

さらに、キャンプや日々の練習なども仕事に含まれます。

選手の翌年の年俸(給料)は、シーズン中の成績や活躍度合いによって決まります。

また、プロ野球球団は営利を目的としているため、テレビの放映権料やチケット・グッズ販売などで収益を上げなければなりません。

そのため、選手はただ個人成績を上げるだけでなく、チームの勝利に貢献して盛り上げたり、多くのファンを作ってできるだけたくさん球場に足を運んでもらえるよう努力もします。

ファンサービスを行うのもプロ野球選手の大切な仕事です。

「プロ野球選手」の仕事紹介

プロ野球選手の仕事内容

野球のプロフェッショナル

日本におけるプロ野球選手は「日本野球機構(NPB)」に加盟するプロ野球球団と契約した選手です。

プロ野球シーズンは2月1日にスタートし、そこから11月末までが、選手が球団に拘束される期間です。

約1ヵ月かけて練習を行う「キャンプ」、紅白戦や各チームとのオープン戦、調整をしながら公式戦開幕に備えます。

3月下旬から10月頃までがペナントレースとよばれる公式戦が開幕し、交流戦含め全144試合を戦います。

上位チームはクライマックスシリーズへ進出し、セ・パ両リーグで1位になったチーム同士が日本シリーズを戦い、いよいよ日本一が決定します。

11月からは来年の年俸を決める契約更改交渉があり、12月と1月のシーズンオフでようやく1年が終わります。

プロ野球選手の就職先・活躍の場

セ・パ両リーグの球団

プロ野球選手の就職先は、「日本野球機構(NPB)」に加盟するプロ野球球団です。

現在、セ・リーグパ・リーグを合わせた12球団となっています。

日本国内には独立リーグが存在し、多数のチームがありますが、まだプロとして給料をもらい生計を立てている人はほとんどいないのが実情です。

プロ野球選手は、全国のドームを中心としたプロ野球開催地を周りながら、野球をプレーしますが、ときには普段野球が開催されない地方を巡回することもあります。

プロ野球選手の1日

試合をする球場や開始時刻で異なる

プロ野球選手の1日は、自宅から球場に通える場合と、チームで遠征する日では大きく異なります。

また、デーゲームか、ナイトゲームかによっても違ってきます。

ここでは一般的なホームゲームについてご紹介します。

10:00 起床
夜のゲームだと、寝るのが深夜の1時、2時になるため疲れをとるためにも7、8時間は睡眠をとることが多いです。

12:00 自宅を出る
球場へは、自分の車で行く選手人が多いです。
球場入りする時、待っていたチーム担当の新聞記者に取材を受けることがあります。

13:30 ウォームアップ
ユニフォームに着替えてウォーミングアップを開始します。

14:00 打撃練習
ホームゲームの場合、このころからバッティング練習が始まります

16:00 ミーティング
相手チームのデータを確認します。

17:30 試合直前
スターティングメンバーが発表されます。

18:00 試合開始

21:00 試合終了
マスコミ取材を受けることもあります。

23:00 帰宅

プロ野球選手になるには

「ドラフト会議」での指名

プロ野球選手になるには「ドラフト会議」で指名されなければなりません。

スカウトの目に留まるには、甲子園出場常連校に入ってレギュラーポジションをとることが挙げられます。

また、甲子園に出られなくても、飛び抜けた素質や実力がある選手はマークされます。

そのほか、各球団が毎年秋ごろに実施する「プロテスト」を受ける方法があります。

年齢制限などいくつかの応募資格をクリアしていれば誰でも受けられるため、合格率は低めです。

また、社会人の「クラブチーム」からドラフト指名される場合もあります。

プロ野球選手の給料・年収

実力重視の年俸制

プロ野球選手の給料の仕組みは「年俸制」という言葉で表されます。

毎年ペナントレースが終わった11月ごろになると「契約更改」が行われ、来年の契約を結ぶとともに年俸が決まります。

球団からの年俸額はおもにその年の活躍によって提示されるので、勝ちに貢献した場合は大きく跳ね上がったり、逆に故障をしてまったく一軍の試合に出られなかった場合は、下がったりします。

プロ野球選手は会社員とは違い「個人事業主」で自分が税金を払います。

年俸額と同額が振り込まれるわけではありません。

プロ野球選手のやりがい、楽しさ

チームの勝利に貢献すること

プロ野球選手の最大のやりがいは、チームの勝利に貢献することです。

野球はチームプレーですので、チームとして試合に勝つことが一番の目標になります。

リーグ優勝を目指してシーズンの最後まで優勝争いすること、そして、リーグ優勝を果たすことが、選手にとっても大きなやりがいです。

また、プロ野球選手は、本塁打や打率、盗塁、あるいは最多勝投手、防御率、最多セーブ投手などの個人タイトルも争っています。

タイトルを獲るには、シーズンを通して活躍する必要があり、タイトルを獲得することも大きな目標です。

プロ野球選手のつらいこと、大変なこと

戦力外なら若くても現役引退に

プロ野球選手としての役割は、まず、チームの戦力として勝利に貢献することです。

そのため、戦力として期待できないと思われれば、契約を更新してもらえません。

入団後、だいたい3年間は様子を見てもらえるようですが、その後に戦力外と見なされれば、若くても現役引退に追い込まれます。

プロ野球選手は、入団した選手の約半分が5年以内に引退とも言われています。

現役を引退しても、スタッフとして球団に残れる人は限られているため、セカンドキャリアを考えなくてはなりません。

プロ野球選手に向いている人・適性

結果が出なくても努力し続けられる

たとえ10年以上も現役を続けているベテラン選手でも、年俸1億円の一流選手でも、不調で結果が出なければ二軍に落とされることはよくある話です

成績次第で翌年の年俸が大きく下がってしまうこともあります。

野球選手にとって結果が出ないことほどつらいことはありません。

それでも、日々コツコツと練習を続けて課題を克服し、身体の調整に励まなければならないのです。

厳しい状態になっても強い覚悟とプロ意識を持って努力し続けられる人でなければ、続けていくのは難しいでしょう。

プロ野球選手の雇用形態・働き方

契約更改で働き方を考える

サラリーマンとは違い、球団契約をして個人事業主として仕事をします。

プロ野球選手は、一度契約を結ぶと毎年契約更改とよばれる交渉が行われ、球団側と交渉し年俸が決まります。

もちろん、成績が振るわなければ年俸は下がりますし、最悪契約が打ち切られ解雇されてしまうこともあります。

自分の成果が年俸に直結し、実力をまざまざと見せつけられる厳しい世界です。

もしけがや成績不振によって契約が打ち切られたチーム引退後は、次に評価してもらえるチームを自ら見つけなければなりません。

プロ野球選手の勤務時間・休日・生活

移動と試合を繰り返す毎日

一軍の公式戦はセ・パ両リーグとも120試合、さらに交流戦が24試合、合計144試合です。

公式戦以外の120試合のうち半分が、相手チームの球場で戦う「ビジター」でのゲームになります。

ホームゲームの場合も、本拠地以外の場所で試合が組まれることもあるので、70試合ほどは遠征することになります。

そのため、シーズン中は休みの日は移動日になることも多く、ときには9連戦をこなさなければならないこともあり、ハードな日々が続きます。

プロ野球選手の現状と将来性・今後の見通し

日本プロ野球の注目が高まっている

近年はメジャーリーグに移籍し、大きな成果を残す選手が年々増えています。

それによって、世界における日本のプロ野球への注目度も高まっており、日本人選手も今後さらにメジャーを目指す選手が増えるでしょう。

しかし、一流の日本人選手がどんどんメジャーリーグへ移籍してしまうと、日本のプロ野球界は「メジャーリーグのマイナー版になってしまう」という声も挙がっています。

それを防ぐためにも、プロ野球を目指す熱意と実力のある若者を増やし、プロ野球界全体のレベルを上げていくことが、今後必要になってくるでしょう。