ダンスインストラクターになるには、仕事内容、給料、資格、求人

ダンスインストラクターの仕事内容

ダンスの技術や楽しさを教える仕事

ダンスインストラクターは、さまざまなジャンルのダンスを美しく踊るための技を指導する、エンターテイメント性の高い仕事です。

ダンスにはジャズダンスやヒップホップ、社交ダンスやタップダンス、フラダンスやチアダンスなど、さまざまなジャンルがあります。

ダンスはジャンルによって大きく動きが異なるものなので、ダンスインストラクターはそれぞれが得意とする分野のダンスレッスンを担当することがほとんどです。

ダンスの発表会やイベント、コンテストなどがあるときには、ダンス音楽の編集や振りつけ、フォーメーションの指導といった仕事もします。

ダンスの発表ステージでのリハーサルや当日の引率も、ダンスインストラクターの大切な仕事です。

ダンスインストラクターの就職先、活躍の場

ダンススクールやジムなどで活躍できる

ダンスインストラクターの就職先としては、ダンススクールやダンスの専門学校、フィットネスクラブやスポーツジムなどが挙げられます。

ダンススクールやダンスの専門学校には、ダンスへの意欲が高い生徒が多く在籍しています。

フィットネスクラブやジムは、趣味としてダンスを楽しんでいる健康志向の方が多いのが特徴です。

収入アップや自由な働き方の実現のために、ダンスインストラクターとして十分な経験を積んだあとにダンススクールを独立開業するという方法もあります。

ダンススクールに勤めるダンスインストラクターの1日

レッスンを中心としたスケジュール

ダンスインストラクターの1日は、正社員やフリーランスなど雇用形態によって大きく変わります。基本的には生徒へのレッスンを中心としたスケジュールになります。

10:00ダンススクールへ出勤
1日のスケジュールや申し送りを確認。
ダンススタジオの掃除をし、レッスンの準備を始めます。

10:30 ジャズダンスを指導
子供が幼稚園や学校に行っている時間に体を動かしたいという女性に向けて、1時間のレッスンを行います。

11:30 オフィスで事務作業
午前のレッスンの振り返りや、午後のレッスンの確認をします。

12:00 昼食を食べて休憩します。

13:00 リズムダンスを指導
定年を迎えて運動不足を感じているシニアが中心のクラスで、リズムに合わせて楽しく体を動かすことを最優先しながらレッスンをします。

14:30 オフィスで事務作業をします。

15:30 ジャズダンス、ヒップホップダンスを指導
幼稚園や学校を終えた子供たちに向けて、1時間のジャズダンスのレッスンを2コマ行います。

18:00 レッスンの片付けのあと、レッスンの振り返りや記録をし、1日の勤務は終了です。

ダンスインストラクターになるには

ダンスの活躍経験が多いほど有利になる

ダンスインストラクターになるための特別な資格というものはありませんが、ダンスの活動経歴が多いほどダンスインストラクターとしての人気も高まります。

生徒を多く集められるダンスインストラクターになるには、ダンスコンテストや大会で入賞したり、ミュージシャンのバックダンサーをしたりと経験を積んでおくことが大切です。

ミュージカルへの出演経験や、テレビや映画における振りつけの経験なども、ダンスインストラクターとして活躍するときの大きな強みになります。

ダンスインストラクターの養成講座を受けて、ダンスの教え方を身につけておくのもおすすめです。

生徒にダンスを教えるスキルを身につけておけば、活躍の場も広がります。

ダンスインストラクターになるための学校、学歴、学費

ダンススクールや養成講座は全国にある

ダンスインストラクターになるために学歴は必要ありませんが、専門学校やダンスの養成講座に通えば、ダンスの技能や指導方法について専門的に学ぶことができます。

専門学校やスクールに通えば、フィットネスクラブやダンススクールといった就職先を紹介してもらえるというメリットも得られます。

ダンスインストラクターを目指せる学校の学費は、専門学校ならば卒業までに約100万円から300万円、ダンススクールでも100万円から200万円程度になります。

学費がどれだけかかるかは進学先によって大きく異なります。

ダンスインストラクターの給料・年収

収入アップを目指して独立する人もいる

ダンススクールやフィットネスクラブに正社員として就職した場合には、年収300万円前後の給料が得られます。

フリーのダンスインストラクターの給料相場は、1レッスン3000円から5000円です。

いくつかのスクールを掛け持ちし、収入をアップさせているというフリーランスのダンスインストラクターも多くいます。

ダンスインストラクターとしての経験を積んでダンススクールを独立開業すれば、収入は大幅に上がります。

名の知れたダンスインストラクターとして活躍すれば、レッスン料の設定が高額でも生徒が集まりやすくなります。

ダンスインストラクターのやりがい、楽しさ、魅力

ダンスの楽しさや魅力を人に伝える仕事

ダンスが好きという人にとって、ダンスの魅力を人に伝えるダンスインストラクターの仕事はとても楽しいものになることでしょう。

自分が教えた生徒がめきめき上達していくのを間近で見られるのは、指導者として、そして同じダンサーとしても嬉しいことです。

発表会やコンテストなど目標に向かって練習を積んだり、協力して1つのステージを作り上げたりというやりがいも、ダンスインストラクターという仕事の魅力といえるでしょう。

ダンスインストラクターのつらいこと、大変なこと

ダンスの指導をするのなら、体力第一

ダンスのレッスンは体力仕事なので、インストラクターになるためには十分な体力が必要不可欠です。

ダンスはときに腰痛などのトラブルにつながることもあるため、自分の体をきちんとメンテナンスすることが大切です。

また、生徒が怪我をせずレッスンに打ち込めるよう、あらゆる点に気をつけながら指導を進めていくことも大変なポイントといえます。

独立開業したダンスインストラクターの場合、ダンスを教えるだけでなく金銭の管理や生徒集めなどを全て自分でしなければならないという大変さがあります。

ダンスインストラクターに向いている人・適性

指導力の高さや情熱が必要不可欠

ダンスインストラクターに向いている人というのは、ただダンスが上手いだけの人ではありません。

ダンスインストラクターは、たくさんの生徒にダンスの指導していく立場にあります。

生徒の得意や不得意を見抜ける観察力や、生徒の才能をぐんぐん伸ばす指導力、それぞれの生徒の悩みに寄り添う優しさが求められます。

ダンスの楽しさをたくさんの人に伝えたいという熱い情熱を持っていることも、ダンスインストラクターとして活躍するための重要な要素です。

ダンスインストラクターの志望動機・目指すきっかけ

ダンスの魅力を多くの人に伝えよう

ダンスインストラクターを目指す人の大半は、小さい頃からダンスを習っており、踊ることがとにかく好きという人です。

しかし中には、高校や大学でダンス部に所属し、ダンスの魅力にはまったという人もいます。

2012年度には中学校でダンスが必修化となり、近年では学校でダンスを習ったことをきっかけにダンスに興味を持つ人も増えています。

好きなダンスを仕事にしたい、ダンスの魅力を多くの人に教えたいという思いからダンスインストラクターを目指すケースも多いものです。

ダンスインストラクターの雇用形態・働き方

正社員やフリーランスの形態で働く

大手のダンススクールやスポーツジムでは、ダンスインストラクターを正社員として雇用しています。

しかしこういった例はあまりなく、業務委託契約を結んでフリーランスのダンスインストラクターになるという働き方が大半です。

フリーランスのダンスインストラクターは、いくつかのダンススクールを掛け持ちし、1コマごとに給料をもらいます。

他に、派遣やアルバイトといった雇用形態もあるので、出産や育児を見越し、家庭との両立を考えてこういった働き方を選ぶのも1つの方法です。

ダンスインストラクターの勤務時間・休日・生活

勤務時間や休日は勤務形態により異なる

ダンスインストラクターの勤務スタイルは、雇用形態によって大きく変わります。

ダンススクールの正社員として働いているダンスインストラクターの勤務時間や休日は、勤務先に準じます。

派遣やアルバイトのダンスインストラクターはシフト制勤務になることがほとんどで、土日にレッスンがあるダンススクールならば平日に休みを取ることになります。

勤務先によりますが、夏休みや冬休みにまとまった休暇を取得することも可能です。

フリーランスや独立開業をしているダンスインストラクターならば、勤務時間や休日を比較的自由にコントロールできます。

ダンスインストラクターの求人、就職状況、需要

ダンスインストラクターには需要がある

ダンススクールは全国に存在しているため、ダンスインストラクターにはある程度の需要があります。

求人も常に一定数出ているので、雇用形態や勤務時間などを考慮し、理想的な働き方ができる職場を選びましょう。

最近はさまざまなジャンルのダンスレッスンを取り入れるフィットネスジムが増えているので、こういった求人を探すのもおすすめです。

専門学校や養成講座でダンスの技能や指導のスキルを培っておけば、就職活動をするときに有利になります。

ダンスインストラクターの転職状況、未経験採用

未経験でも就職や転職はできる

ダンスインストラクターとしての経験がなくても就職や転職は十分に可能です。

とはいえ、スクール側は即戦力となれる人材を求めていることが多いので、未経験であればダンスインストラクターの養成講座などを受けておくとよいでしょう。

色々なジャンルのダンスを熟知している人は、ダンスインストラクターとしての活躍の幅が広がります。

ジャズダンス専門、タップダンス専門など1つのダンスのジャンルを極め、その道専門のダンスインストラクターとして活躍するというのも有効な方法です。

ダンスインストラクターの現状と将来性、今後の見通し

ダンス

子供から大人まで誰もが気軽に楽しめるのが、ダンスの魅力です。

ダンスは子供の習い事としても人気ですし、「趣味を増やしたい」という思いからダンスを始める大人世代も多いものです。

近年では健康への意識の高まりから「体を動かしたい」とダンススクールに入る人も増えています。

あらゆる世代に合わせたさまざまなスタイルのダンスを指導できるスキルを身につけておけば、ダンスインストラクターとしての活躍の機会も広がることでしょう。