「レーサー」とは

車やバイクのレースに参加し、マシン操作と運転技術を駆使して優勝、入賞を目指す。

レーサーとは、車やバイクに乗ってレースに参加し、その賞金などによって生計を立てる仕事です。

レースにも多くの種類がありますので、仕事の内容や収入も、それぞれに違いがあります。

生活の中で運転する車とは違い、レースではスピードの速さを競い合いますので、危険も伴う仕事となります。

誰でもすぐにレースに参加できるわけではなく、特殊な免許を取得したり、試験に合格する必要があります。

F1のような世界的な大会ともなれば、トップ選手の年収は数十億と言われています。

レースの入場料で得られる収入や、賞金だけでなく、自動車メーカーなどのスポンサー収入が大きいものです。

トップ選手になるには厳しい道のりが待っていますが、それに見合うだけの夢がある仕事と言えます。

「レーサー」の仕事紹介

レーサーの仕事内容

レーサーとは、車やバイクに乗ってレースに出場する人のことを言います。

大部分の人はレースの賞金で生計を立てていますが、レースといってもさまざまな種類があり、ものによって仕事内容は異なります。

一般的に、レースで勝つためにはレーサー自身のテクニックを磨くことのほか、データを測定してマシンの性能を高める必要もあります。

また、資金を調達するために、スポンサーとなってくれる企業を見つけることも大事な仕事の一部です。

レーサーになるには

レーサーは、どのレースに参加したいのかによって、目指すための方法や必要なライセンスも異なっています。

F1レーサーにはスーパーライセンスが必要で、トップレーサーを目指す場合、子どもの頃から競技用の車に乗ってレースにも参加しているという人が多いです。

プロレーサーの専門学校もあります。

また、オートレースのレーサーは国家資格が必要となるため、選手養成所で指定の教習を受け、最終試験に合格する必要があります。

レーサーの給料・年収

人によって収入がだいぶ異なるレーサーですが、F1やル・マンのようにチーム単位で活動する場合は、契約チームや企業から給料が支払われます。

トップレーサーになると億単位の収入を得る人もいるものの、契約解除となれば活動ができなくなってしまうシビアな世界です。

なお、国内の公営オートレーサーの場合は個人事業となり、賞金が主な収入源となります。

実力次第で収入は上下しますが、契約に左右されず活躍できるというメリットがあります。

レーサーの現状と将来性・今後の見通し

レーサーとして生計を立てていくのであれば、大きなレースで勝ち、コンスタントに賞金を得る必要があります。

レーサーはマシンの維持費や燃料費など相当なコストがかかるため、小さなレースでわずかな額の賞金しか手に入れられなければ、生活することすら苦しくなってしまうのです。

長く続けることを考えた場合、公営オートレーサーは養成所の入所試験の難易度が高い分、その後の生活は比較的安定していると言われています。