このサイトは行司を目指す人のための情報サイトです。

行司とは?

行司は、土俵上で相撲の取組をスムーズに進行させる仕事です。仕切りが制限時間いっぱいになれば「時間です」、組み合った両力士の動きが止まった時には「発気よい」、力士が技をかけても勝負がついていない時には「残った」などの声をかけ、進行役としての役目を果たします。行司は日本相撲協会に所属して働きますが、定員は45名と決まっており、定年は65歳であることから、新規採用は毎年1人あるかどうかという狭き門です。また、見習いから徐々に階級が上がる仕組みとなっており、若いうちは給料もとても低いものとなっています。日本の国技である大相撲ですが、行司になりたい人は年々減っているといわれます。そのなかで大相撲の伝統を守っていくためには、使命感に燃えた行司の活躍が不可欠といえるでしょう。

行司の仕事内容

行司のメインの仕事は、土俵上で相撲の取組をスムーズに進行させることです。

仕切りが制限時間いっぱいになれば「時間です」、組み合った両力士の動きが止まった時には「発気よい」、力士が技をかけても勝負がついていない時には「残った」などの声をかけます。

勝負がつくと勝った力士に軍配を挙げますが、行司は進行役なので勝敗を決める最終権限はありません。

勝負の行方が微妙な時は物言いがついて審判員が協議し、判定が覆ることもあります。

他にも、

・土俵入りの先導役や翌日の取り組みの紹介
・決まり手や懸賞金の場内アナウンス
・相撲字で番付表を書くこと
・勝負結果の記録
・地方巡業の事前交渉や巡業中の補佐役

など大相撲の本場所や地方巡業で裏方としても忙しく働いています。

行司になるには・必要な資格

行司になる条件は、義務教育修了で19歳までの男子です。伝統的に行司は男性に限られ、女性はなれません。

入門試験や資格試験はありませんが、まず、どこかの相撲部屋から推薦され、日本相撲協会の審査を経る必要があります。

そのため、行司になりたい人が最初にすることは、どこかの相撲部屋に入ることです。

しかし、行司の新規採用は1年に1人あるかどうかという少なさです。

相撲部屋に入ると3年間は養成期間になります。相撲部屋の若い力士たちと雑用をこなしながら、相撲の歴史や勝敗の見極め、発声、相撲字の筆遣いなどを勉強します。

と同時に初土俵を飾り、序の口格から順番に昇格していきます。力士と同じで十両格になれば一人前とされ、付け人をつけることが許されます。

行司に向いている人

行司に向いているのは、大相撲が好きで、その伝統を受け継ぎたいという気持ちの強い人でしょう。

相撲部屋は大家族のような雰囲気で、行司も幕下格になるまでは若い力士たちとも大部屋で一緒に生活します。

部屋の雑用をこなしながら相撲の歴史などの勉強をしますので、自由な時間がほとんどありません。

階級の差に厳しく、自分より年齢が低くても階級が上の行司や力士には従うことが求められます。こうした大相撲の伝統を担っていくには、大相撲の世界そのものが好きでなければ長続きしません。

行司も出世すると、熱心な相撲ファンから所作や態度を厳しい目で見られます。

行司は裏方ですので、謙虚で控えめな態度が求められると同時に、所作の美しさも求められます。

行司に興味があり、その在り方について研究熱心な人が向いているといえます。

行司の就職状況・雇用形態

行司の定員は45名と決まっています。定年が65歳で、定員に空きが出れば新しく採用されます。新規採用は毎年1人あるかどうかという狭き門です。

そのため、有力な後援者の後押しがあったり、小さい頃から相撲部屋に出入りして顔なじみの人たち、あるいは新弟子検査に身長が足らずに合格しなかったり、力士からの転向者などが採用されやすいのが現実です。

その一方で、HPに募集案内を掲載している相撲部屋もあります。本気で行司になりたい人は、問い合わせてみるといいでしょう。

行司は、日本相撲協会に雇われる形になり、給料や諸手当も協会から受け取ります。

昇格は仕事ぶりが評価されると理事会で決定され、初土俵から十両格になるのに15年前後かかります。よほどの失態がない限り、65歳の定年まで勤めることができます。

行司の給料、年収、待遇

行司の給料は、番付によって決まっています。

月給は

・序の口格:1万5000円から2万円未満
・序二段格:2万円から2万9000円未満
・三段目格:2万9000円から4万2000円未満
・幕下格:4万2000円から10万円未満
・十両格:10万円から20万円未満
・幕内格:20万円から36万円未満
・三役格:36万円から40万円未満
・立行司(木村庄之助と式守伊之助):40万円から50万円未満です。

この月給に諸手当や衣装代がつくというのが基本です。

友綱部屋のサイトの募集案内には見習い期間でも手取り12,3万円で、手当がつくと「他企業に比べて遜色ない」と説明されています。

手当については公表されておらず、詳しいことはわかりませんが、昇格後も他企業と遜色ない年収が保証されているとみられています。

行司の生活、勤務時間、休日

行司の初土俵から幕下格、十両格に昇進するまで15~20年かかります。相撲部屋に入ってから20年近くは、相撲部屋に住み込むのが一般的です。

とくに若い頃は大部屋で力士の若手と一緒に寝起きし、掃除や料理などの雑用をこなします。

また、先輩行司の付き人になれば、行動をともにしたり、その人に言いつけられた雑用をこなします。

勤務時間はもちろん、休憩時間や休日も決まっていません。時間が空けば休むことができますが、部屋で1人になることができませんし、プライバシーもほとんどありません。

相撲部屋はほとんどが東京都内にあります。アパートや新居は相撲部屋の近くに構えます。

1年のうち約3ヵ月間は本場所のため、名古屋、大阪、福岡へ出かけます。その前後に巡業があれば、地方をめぐり、1年のうち半分くらいは家を空けることになります。

行司の現状と将来性

大相撲は、日本古来の奉納相撲を起源とし、日本の国技とされています。

現在のような興行は江戸時代初期から続いていますが、現在の大相撲界は外国人力士の活躍が目立ち、若い人たちの相撲離れが進んでいます。

新弟子検査の応募者も年々減少しているように、行司になりたい人も減っています。

将来の人気が不安視される中で、大相撲の伝統を守っていくには、力士はもちろん、行司などの裏方にも使命感に燃えた人材が必要です。

現在の感覚からいえば、反発を招きそうな慣習やしきたりも多々ありますが、それも含めて大相撲が大好きという人たちが相撲界を盛り上げていくことです。

そういう意味では、本気で行司になりたい人にはチャンスが広がっているといえます。