ダンサーの仕事内容

  
ダンサーの仕事内容は、舞台でダンスを披露し、観客に感動を与えることです。

また、ダンサー自身が踊るのではなく、ダンスの振り付け・ダンスを教えるインストラクター・ダンススタジオの経営などを仕事にする人もいます。

この記事では、ダンサーの仕事内容について解説します。

ダンサーの仕事とは

ダンサーは、

  • 自分の身体を使う
  • さまざまな舞台でダンスステップやパフォーマンスを披露する
  • 豊かな感情を表現する

ことで観客に感動を与える仕事です。

ダンスといってもそのジャンルは幅広く、古くヨーロッパで誕生したクラシックバレエを発祥とし、

  • モダンダンス
  • ヒップホップなどのストリート系ダンス
  • 社交ダンス
  • ミュージカル
  • 宝塚

まで、日本でも多種多様なダンスが踊られています。

また、ダンサー自身がパフォーマンスをするだけでなく、

  • ダンスの振り付けをする
  • ダンスを教えるインストラクターとして働く
  • ダンススタジオを経営する

人もいます。

ダンサーの業務の内容

ダンサーの仕事は、舞台でダンスを披露することです。

おもに、

  • 舞台のミュージカル
  • テレビ番組
  • 映画
  • 歌手などのバックで踊るバックダンサー
  • クラブイベントで踊るダンサー
  • 遊園地やテーマパークのショーに出演するダンサー

などさまざまな舞台で働いています。

それぞれのダンサーが得意のジャンルや自分の持ち味を生かし、自分に合った活躍の場でダンスを披露しています。

ダンサーの役割

日本でもダンスはすっかり馴染みあるものになっていますが、まだ海外ほどダンサーという職業が職業として成り立っていないといわれています。

また日本ではプロとアマチュアの境目が曖昧で、近年、SNSやクチコミなどで人気が出たダンサーが一躍注目を浴びることもあります。

しかし、基本的には求められるダンスをしっかりと踊ることでお金をもらい、ダンスで生計を立てられる人がプロのダンサーといえます。

そのためにはプロとして活躍し続けるにはただ自分がダンスを楽しむだけではなく、人を感動させるために日々の地道なトレーニング・レッスンが欠かせません。

ダンサーの勤務先の種類

ダンサーとして働くには、

  • 劇団やダンスパフォーマンスグループ、芸能事務所などの組織に所属して働く場合
  • フリーランスで働く場合

2種類の方法があります。

大手の劇団や事務所に所属した場合は、一躍脚光を浴び、仕事を得ることもできますが、一方で下積みが長くなかなか芽が出ないこともあり得ます。

フリーランスで働く場合は、オーディションを受け仕事をひとつひとつ勝ち取るというスタイルが基本です。

大きな契約を勝ち取ることができれば、有名アーティストのバックダンサーとなったり、世界的な大舞台で活躍したりすることもできます。

そのほか、ダンススタジオに所属している場合はインストラクターとしてダンスを教える側に回ることもあります。

ダンサーの就職先は? ダンサーにはどんな種類がある?

ダンサーの仕事の流れ

組織に所属する場合とフリーランスで働く場合によって違いはありますが、ダンサーは基本的に与えられたダンスを踊ります。

ダンスの内容は、

  • クライアントから与えられる場合
  • 自分で振り付けをする場合

もあります。

ダンスを自分のものにするためには練習やレッスンが欠かせませんし、多人数で踊る際には何度もリハーサルを繰り返し、求められたパフォーマンスができるよう努力を重ねます。

イベントやテーマパークでのパフォーマンスは何度も踊ることもありますが、ステージでは一度きりのパフォーマンスのことも多いため、練習の成果を出せるよう本番に向けてモチベーションをアップし、最高のパフォーマンスをすることも大切な仕事です。

ダンサーと関連した職業

ダンサーにはステージに出演するだけでなく、自らのダンス経験を生かしてダンススタジオのインストラクターとして働く人も少なくありません。

また作品づくりに欠かせない振付師演出家として働く人もいます。

「ダンサーの仕事内容」のまとめ

ダンサーは、自分の身体を使い、さまざまな舞台でダンスステップやパフォーマンスを披露し、豊かな感情を表現することで観客に感動を与える仕事です。

それぞれのダンサーが得意のジャンルや自分のもち味を生かし、自分に合った活躍の場でダンスを披露しています。

ダンサーにはステージに出演するだけでなく、自らのダンス経験を生かしてダンススタジオのインストラクターとして働く人も少なくありません。