ダンサーになるためにはどんな学校にいけばいい?(専門学校・スクール)

ダンサーになるための学校の種類

ダンサーになるための学校には、大学や短大・専門学校・民間のスクールなどがあります。

ダンスの基礎を身に付けるほか、身体表現の仕方や身体づくりや身体のケア、ダンサーとして活躍するための心がまえなどさまざまなことを学ぶことができます。

ダンサーになるための大学

数は少ないですが、大学や短大にもダンスをはじめとした身体表現を学べるところがあります。

舞踊や舞踏を学べる学科、舞台芸術や舞台表現などが学べる学科や専攻、また演劇科や舞台科なども進路の一つになるでしょう。

こうした場所では、ダンスだけでなく舞台の作り方や芸術全般について、演出や表現方法など幅広いことを学ぶことができるため、今後さまざまな場所で活躍できる知識やスキルが身につくでしょう。

ダンサーになるための専門学校

ダンス学科、パフォーマンス学科など、ダンスを学べる専門学校は多くあり、ダンスだけでなくボイストレーニングや演技なども幅広く学べるところが多いようです。

ストリートダンス・モダンダンス・タップダンス・クラシックバレエなどさまざまなジャンルのダンスを学べる学校、テーマパークやミュージカルなどのショー的な要素が強いダンスを中心に学べる学校、ダンスインストラクターなど指導者を目指すための学校など各校で特色が異なります。

また、在学中にプロダクションのオーディションを受けられたり、就職サポートを積極的にしてくれたりするケースもあります。

卒業生を多く輩出している学校の場合、プロダンサーとして活躍中の先輩の話を聞けたり、講師として実際に指導してくれたりするチャンスも設けられているようです。

ダンサーになるためのスクール

専門学校ではなく、一般のダンス教室やダンススクールに通ってダンスレッスンを受ける人もいます。

これらは、大学や専門学校と両立して通うことも可能で、レッスン内容も自分のスタイルに応じて選びやすくなっています。

ただ、中には完全に趣味として通う人ばかりが集まるスクールもあるため、プロダンサーを目指す場合、教室選びや指導者選びは特に慎重に行う必要があります。

独学でダンサーになれる?

まったくの独学でダンサーになることは難しいでしょう。

ダンスにはさまざまなジャンルがあり、それらの基礎がしっかりとできていなければ自分なりの身体表現をすることができないからです。

学校に通わなくてもダンスの知識やスキルを身に付けることはできますが、先輩や先生など誰かしらに指導をしてもらうことはプロを目指す上では重要となります。

ダンサーになるための留学

より豊かな表現力と技術の習得を目指してダンス留学をする人は少なくありません。

とくに欧米では日本以上にダンスが栄えているため、一流ダンサーによる本場の指導を受けることで、さらなる飛躍を目指すチャンスを掴めるかもしれないとチャレンジする人が多くいます。

プロのダンサーを目指す上では、ブロードウェイがあるニューヨーク、ストリート系に強いロサンゼルスなどのダンススクールが、代表的な留学先となっています。

奨学金を得て留学できる可能性もありますが、一般的には日本で学ぶ以上に大きな費用がかかるほか、言葉や文化、思想の壁なども乗り越える必要があるため、しっかりと学ぶ覚悟が求められます。

ダンサーの学校選びのポイントは?

ほかの職業と違い、ダンスに関連した学校を卒業したからといってすぐにダンサーとして活躍できるわけではなく、学校はあくまで実力を身に付けるための場として考えるのがよいでしょう。

学校によって得意とするダンスのジャンルは異なるため、自分が学びたい・活躍したいジャンルを考えた上で学校選びをすることが大切です。