「陸上選手」とは

主に企業の陸上部に所属し、国内外の陸上大会に出場して好成績を残すことを目指す。

陸上選手の仕事は、「トラック競技」「フィールド競技」「ロードレース競技」などの陸上大会に出場して好成績を収めることです。

陸上選手として活動するためには、日本陸上連盟に会員登録し、かつ選手としての活動資金や生活費を確保することが必要です。

陸上競技で有名な高校や大学の卒業生が多いですが、そうした学校に推薦で入るためには、都道府県レベルの記録が求められます。

企業の陸上部に所属する選手が大半で、日本でプロ宣言をした選手はごくわずかです。

企業の陸上部所属の場合、仕事をしながら練習をする「社員選手」と競技に専念する「契約選手」に分かれますが、いずれも一般社員の給与に手当がついた額が支給されます。

プロ選手は国内外の大会で賞金を得ることで収入を得ますが、陸上選手がプロとして稼ぐのは難しいといわれています。

「陸上選手」の仕事紹介

陸上選手の仕事内容

陸上選手は、日々練習に打ち込み、大会に出場して好成績を収めるのが仕事です。

高校や大学卒業後も競技生活を続けている選手は、ほぼ全員が、陸上部をもつ企業に社員選手として雇われています。

社業を免除され、競技生活に専念できる環境と活動費用を提供してもらう以上、オリンピックや世界陸上、日本選手権、さらにはマラソンや駅伝の大きな大会で活躍し、企業のPRやイメージ戦略に貢献することが求められます。

陸上選手になるには

各都道府県の陸上連盟に所属する学校やクラブに所属し、選手登録をすれば、誰でも陸上選手になることができます。

高校や大学を卒業するまでは、たいていの選手が学校の部活動として競技生活を続けます。

問題はその後です。

社会人になっても競技生活を続けるには、スポンサーと契約して賞金レースに出場するプロ選手になるか、企業に社員選手として雇ってもらうか、他に本職をもちながら競技生活を続けるか、自分の実力や周囲の評価とも相談して選ぶ必要があります。

陸上選手の給料・年収

日本の陸上選手も「プロ宣言」をすれば、プロとして活動できます。

かつては、日本にも年収1億円近く稼いだ選手がいたといわれますが、プロ宣言した選手自体がまだ少数です。

多くの陸上選手は、企業の社員選手として雇われており、給料は一般社員と変わりません。

ただし、ほとんどの企業で食事つきの寮生活が用意され、大きな大会で活躍すれば臨時ボーナスも支給されます。

全体的に見れば、一般社員よりかなり優遇されています。

陸上選手の現状と将来性・今後の見通し

2020年に東京五輪が開催される予定で、開催が近づくにつれ、陸上競技もより盛り上がっていくと予想されます。

その一方で、陸上選手の状況は、企業の業績や方針によって大きく変わってしまうのも事実です。

企業の業績が悪化すれば、陸上部を廃止したり、縮小するところもありますし、大会での成績が悪くても廃止される可能性があります。

また、陸上競技ファンの社長が交代すれば、陸上部の予算が削られたり、廃部されることもあり、陸上選手の将来は、所属する企業によっても大きく左右されます。