【2021年版】歌手の仕事内容・なり方・年収・資格などを解説

「歌手」とは

音楽の各ジャンルに合う歌を歌い、自身の声で個性や伝えたい思いを表現する。

歌手とは、曲に合わせて歌を歌い、さまざまな感情や思いを表現する音楽家のことです。

歌手といっても、クラシック音楽の世界で活躍する人もいれば、ロックやポップスなどの大衆音楽を得意とする人もおり、活躍の仕方もさまざまです。

なお、自分で詞や曲を書く歌手は、一般的に「シンガーソングライター」と呼ばれます。

歌手の魅力は、単に歌が上手というだけでなく、その人自身の個性や信念、ファッション性といったものまで含めて判断されます。

なるために必要な学齢も資格もありませんが、歌手として稼ぐのは簡単ではなく、スポットライトを浴びるその瞬間のために、日々自分を磨き続ける努力が欠かせません。

歌手の活動内容は、CDのリリースや音楽配信をはじめ、ライブやコンサートでの演奏などが中心ですが、人によっては音楽スクールやボイストレーニングの講師などを務めることもあります。

「歌手」の仕事紹介

歌手の仕事内容

思いや感情を歌にのせて人々を感動させる

歌手とは、ミュージシャンの一種であり、歌を歌う人のことです。

「作曲家」「作詞家」「編曲家」といった音楽家たちが作った曲を自分の歌声で表現し、人の心に楽しさや感動、喜びなどを届けます。

なかには自ら作詞・作曲をする「シンガーソングライター」と呼ばれる歌手や、ギターやピアノなどを演奏しながら「弾き語り」形態で歌う歌手もいます。

歌手は自分自身の表現で多くのファンを集め、ライブやコンサートへの出演、CDリリースや音楽配信、テレビ・雑誌などのメディア出演などを行いながら、生計を立てていきます。

歌手の活動内容は人によってさまざま

歌手の活動形態はさまざまで、個人でソロ活動をする人もいれば、ユニットやバンドのボーカルとして活動する人もいます。

また、オリジナル曲を歌うだけでなく、オペラ歌手や童謡歌手など、古くから伝わる歌を後世に伝える目的で活動する歌手もいます。

また、歌手活動をしながら音楽スクールやボイストレーニングの講師などを務めたり、音楽の幅広い知識やスキルを生かし、ほかのミュージシャンに楽曲提供をしたりするような歌手もいます。

関連記事歌手の仕事内容・活躍の場

歌手になるには

歌の基礎を身につけてデビューを目指すのが一般的

歌手という職業になるにあたって、学歴や資格は一切関係ないといっても過言ではありません。

歌手を目指す熱意があり、実力やセンス、人脈、そして運に恵まれれば、誰でもデビューできる可能性があります。

また、上手・下手は別にして「歌を歌うこと」自体は、一般の人でもそう苦労せずにできることです。

とはいえ、音楽の世界は競争も厳しく、プロとして長年生計を立てていくには相当な努力が求められます。

多くの歌手志望者は、音楽関連の学校やスクールに通うか、独学によって、音楽の基礎知識や歌の技術を身につけてからデビューを目指します。

主体的に行動し、デビューのチャンスを掴む

歌手の活躍の仕方はさまざまですが、メジャーデビューを目指すのであれば、歌手のオーディションを受けたり、スカウトの目に留まるために、さまざまな場(ライブやイベントなど)でパフォーマンスを続けていく必要があります。

あるいは音楽関係者に自分の歌をおさめた音源を送り、声をかけてもらえる可能性を高める方法もあります。

いずれにしても、音楽業界は次から次に新人が出てくるため、待ちの姿勢ではなかなかチャンスを掴めません。

主体的に行動していくことが重要です。

関連記事歌手になるには

歌手の学校・学費

歌や音楽を学べる学校・スクールは数多くある

歌手には学歴が求められないため、特別な学校に通う必要はありません。

中卒でも高卒でも、実力やセンス、才能があれば人々に認められ、人気歌手を目指せる可能性があります。

しかし、「歌手になりたい!」という人がごまんといるなかで、人よりも優れた歌唱力やセンスを磨いていくために、音楽関連の学校・スクールで学ぶ人も目立ちます。

具体的には、音楽専門学校や音楽高校、音楽大学、また民間のミュージックスクールなどが挙げられます。

音大では、音楽理論や音楽の歴史、声楽などをアカデミックに学ぶことができますし、専門学校ではボーカルレッスン中心に、音楽ビジネスまで幅広く学べるところもあります。

また、もっと気軽にということであれば、習い事感覚でボーカルレッスンを受けることも可能です。

自分がどのような勉強をしたいのかをよく考えて、学校選びをするとよいでしょう。

関連記事歌手になるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・養成所)

歌手の給料・年収

活動の仕方や状況によって収入差が大きな職業

人気商売といえる歌手の給料・年収は、一般の会社員として働く人以上に、個々の活躍の仕方や活動内容によって大きく差が出ます。

プロの歌手で「レコード会社」と「音楽事務所(プロダクション)」と契約を結ぶ場合、歌手の収入源は大きく「事務所からの給料」と「印税収入」の2つがあります。

契約内容によっても金額が変わってきますが、簡単にいえば、人気があり、メディアやライブなどでの露出が多く、楽曲がヒットする歌手ほど高収入が望めます。

あまり売れなければ年収100万円未満の歌手もいますが、一方では年収何千万円という有名歌手もおり、収入差が非常に大きいのが歌手の特徴です。

なお、事務所では活動サポートをしてくれるほか、最低限の福利厚生が用意される場合がありますが、小規模な事務所では、あまりよい待遇が見込めない場合もあります。

事務所に所属せず個人で活動する人もいる

歌手の全員が事務所に所属しているわけではなく、なかには個人事業主として活動する人もいます。

その場合、基本的には自分で活動をマネジメントしていき、収入は「ギャラ」というかたちで自ら設定することが可能です。

たとえばバーやレストランなどの飲食店で歌ったり、ボーカル教室の講師を務めたり、地域や団体のイベントに呼ばれて歌ったりと、人によって活動内容はさまざまです。

関連記事歌手の給料・年収

歌手の現状と将来性・今後の見通し

成功のためには地道な努力が必要

「歌手になりたい」という夢をもつ人は多くいますが、実際に「売れる歌手」「歌だけで食べていける歌手」になれるのはほんの一握りで、多くの人が志半ばで夢をあきらめています。

しかし、人の心を動かせる歌い手は、いつの時代でも変わらず求められているのも事実です。

業界関係者は次のヒットメーカーを常に探しているため、積極的に自分を売り込むことで、実力やセンスがあれば、予期せぬところでデビューの話が舞い込む可能性もあります。

チャンスはいつ掴めるかわからないため、「歌手になりたい」という思いがある限り、地道に実力やセンスを高める努力は不可欠です。

また、最近ではアマチュアの歌手でも、ネットを活用するなど、さまざまな活動のスタイルがあります。

どのような歌手になりたいのかをよく考えて、行動していくことも大切です。

関連記事歌手の需要・現状と将来性

歌手の就職先・活躍の場

事務所に所属して活動する人が多い

歌手の活躍の仕方はさまざまですが、一般的に「プロ」と呼ばれる人たちの多くは事務所に所属して活動しています。

ロックやポップス歌手であれば、CDや音源を発表したりライブハウスで歌ったりすることが多く、自分自身を表現しながらお客さまを楽しませます。

一方、ジャズ歌手であればCDリリースなどのほか、バーやレストランで歌う機会も多くあるなど、ジャンルによって活動場所は多少異なります。

また、テレビや雑誌などのメディアに出演し、自身のプロモーション活動をすることもよくあります。

なかには事務所に所属せず、個人でさまざまな活動に挑戦する人もいます。

歌手の1日

歌手によっても、日によってもスケジュールが異なる

歌手の毎日の過ごし方は人によって異なり、決まりきったパターンはないといえます。

また、その日の仕事内容によってスケジュールが変わり、ライブやコンサート、メディア出演などが入っている日は、その予定の合わせて動きます。

ただし、ボイスレッスンや体力づくりはルーティンワークのように毎日行いますし、自分で作詞作曲も手掛ける歌手であれば、曲づくりにも取り組みます。

ここでは、ロックバンドでボーカルをする歌手のある1日を紹介します。

8:00 起床
9:00 朝食を取りながらヒットチャートのチェック
10:30 マネージャーによる迎え
11:00 音楽雑誌の取材
13:00 昼食休憩
15:00 スタジオで新曲練習
19:00 音楽事務所で打ち合わせ
20:00 夕食後、解散
22:00 帰宅
24:00 就寝

関連記事歌手の1日・生活スタイル

歌手のやりがい、楽しさ

歌で思いを伝え、人の感情を揺さぶること

歌手のやりがいは、まず何といっても、自分の好きな音楽の世界で仕事ができることでしょう。

歌手になる人は皆、歌や音楽を心から愛しています。

歌を通してさまざまな思いや感情を表現し、たくさんの人の心を動かすことができるのが歌手の魅力です。

よく「音楽に国境はない」といわれるように、もしかすると自分の歌が日本を超えて、海外の人たちにも届くかもしれません。

ファンが増えれば増えるほど喜びも増し、自分の思いをもっと多くの人に届けたいという気持ちになるものです。

関連記事歌手のやりがい・楽しさ・魅力

歌手のつらいこと、大変なこと

いくら頑張っても人気が出ない可能性もある

歌手は、歌唱力もさることながら、多くの人々を魅了するオーラや輝きが求められる職業です。

たとえ歌が技術的に上手であっても、売れるとは限らないのが歌手の大変なところです。

たとえば自分のキャラクターが時代にそぐわない、誰かの二番煎じのような歌しか歌えないといったような理由で、なかなか人気が上がらなかったり、売れても「一発屋」として世間から忘れられてしまう歌手も大勢います。

プロの歌手として売れたいと考えている人たちは、日々並外れた努力を続けていますが、どれだけ頑張ってもなかなか人気が出ない日々が続くのはつらいです。

また、いったんは人気が出ても、その人気を保ち続けるプレッシャーや焦りのようなものも感じることがあるでしょう。

関連記事歌手のつらいこと・大変なこと・苦労

歌手に向いている人・適性

夢を追いかけ続ける覚悟をもち、地道な努力を続けられること

歌手の適性といったとき、多くの人は「歌が上手であること」と考えるかもしれません。

もちろん、プロになるためには歌唱力も不可欠ですが、それ以上に大事なのは、自分自身を向上させるために日々努力できるかどうかだといえるでしょう。

歌手の世界は、未経験者がすぐにデビューし、輝けるような場所ではありません。

売れるまでには何年もかかることが普通であるからこそ、すぐに成果が出ないときでも地道に練習やトレーニングを続けたり、前向きに活動する姿勢が求められてきます。

また、うまくいかないことのほうが多いため、夢をあきらめない気持ちや情熱のようなものも大切です。

関連記事歌手に向いている人・適性・必要なスキル

歌手志望動機・目指すきっかけ

音楽や歌を心から愛し、人々に笑顔や感動を届けたい

歌手を目指す人のきっかけは、「歌うことが大好き」「音楽にいつでも触れていたい」といったものが多いです。

プロの歌手になれば、24時間365日音楽漬けの生活といっても過言ではありません。

むしろ音楽や歌を心から愛している人でなければ、歌手としてやっていくのは難しいでしょう。

そこから実際に歌手になっていく人たちは、自分の思いや歌声を人々に届けることで世の中によい影響を与えたい、苦しんでいる人を笑顔にしたいなど、何かしらの「強い意志」のようなものをもっています。

歌や音楽を好きな気持ちに「覚悟」が加わったとき、なりたい気持ちはより強いものになるでしょう。

歌手の雇用形態・働き方

プロは事務所と契約して働くのが一般的

歌手は、一般的な会社員のように、企業の社員やアルバイトとして雇われて働く仕事ではありません。

個人で活動するか、音楽事務所(プロダクション)などと契約を結び、サポートを受けながら活動するのが一般的です。

ただし、一部のトップ歌手を除けば、完全に個人で活動し、生活のために別の仕事やアルバイトをしながら地道に歌手活動をしている人も大勢います。

会社に拘束されない分、働き方の自由度は高めといえますが、自分なりにどのように生きていきたいのかを考え続ける気持ちが求められます。

関連記事歌手の働き方の種類

歌手の勤務時間・休日・生活

日によっても活動スタイルは大きく変わってくる

歌手の生活パターンやスタイルは、人によって大きく異なるといえます。

また、日によっても1日のスケジュールが異なり、決まった勤務時間や休日で動く人はほとんどいません。

たとえば新曲の制作中は、毎日朝から晩までレコーディングスタジオにこもることもありますし、全国ツアーのために日本各地のホテルに泊まり続ける時期もあります。

その間にメディア出演などが決まれば、それぞれの仕事の約束に合わせて動くことになります。

毎日決まった時間で動くわけではなく、ときに不規則な生活となるため、セルフコントロールも重要です。