1分でわかる「サッカー選手」

仕事内容
日本国内におけるプロサッカー選手とは、Jリーグに所属するクラブとプロ契約を結んだ人のことを言い、「Jリーガー」と呼ばれます。

J1、J2合わせて約1000人の選手が活躍していますが、2014年からはJ3が発足するため、さらにプロ選手の数が増えると考えられます。

リーグ戦やカップ戦をこなして観客を魅了するだけでなく、ファンサービス、社会貢献も重要な仕事の一部です。

また、各都道府県の地元活性化にも一役買う存在となっています。
なるには
プロサッカー選手になる方法は、1.スカウトされる、2.下部組織から昇格する、3.テストを受けて入団するの3つの方法が挙げられます。

サッカーにはプロ野球のようなドラフト制度がないため、プロを目指す若者はサッカー強豪校に入り、インターハイなどで活躍することで、スカウトから直接声をかけてもらうことを目指します。

また、小学生や中学生のうちからJリーグのクラブの下部組織に入り、実績が認められればそのまま昇格するケースもあります。
給料
Jリーガーは、たとえ第一線で活躍したとしても、プロ野球選手のような億単位の年俸をもらうことができるひとはごくわずかです。

J1の主力クラスで1000万円〜6000万円程度、新卒入団の場合の契約では、年俸の上限が480万円と定められています。

その年に実績を上げた選手は翌年の年俸がアップしますが、チームの経営状況によって差が出るのが実情です。

また、成果を出せなければ戦力外通告を出される可能性もあるため、常に「背水の陣」という気持ちもあるようです。
将来性
Jリーグの人気は一時期より下火になっているとはいえ、海外に移籍した日本人選手の活躍もめざましく、多くの人から注目を集める仕事です。

2014年にはJ3が誕生することでクラブも増え、Jリーガーを目指す若者が活躍するチャンスや可能性は、まだまだ大いにあると言えるでしょう。

しかし、予期せぬケガなどによって早くに引退を余儀なくされる人も決して少なくありません。

厳しい世界で生きぬくだけの覚悟と情熱が求められます。