「スポーツインストラクター」とは

スポーツインストラクター_画像

一人ひとりの身体の状態に合わせた運動のトレーニングメニューを作り、指導を行う。

スポーツインストラクターは、スポーツジムやフィットネスクラブなどにおいて、スポーツの指導をする職業です。

水泳、ヨガ、エアロビックス、ダンスなどの運動指導をしたり、ケガなどのトラブルが起きないように安全指導を行います。

スポーツジムやフィットネスクラブに就職することで、スポーツインストラクターとして働くことができます。

専門学校や大学などで、身体やスポーツに関する正しい知識を学んでおくと仕事に役立ちます。

年収は300万前後と言われており、高給が見込めるという職業ではありませんが、スポーツが好きという理由で働く人が多くいます。

フリーのインストラクターとして、独立して働くことも可能な職業です。

人気を集める工夫が必要となりますが、自分のペースで働くことができます。

「スポーツインストラクター」の仕事紹介

スポーツインストラクターの仕事内容

運動施設の利用者をサポートする

スポーツインストラクターとは、スポーツジムやフィットネスクラブなどさまざまな施設で、スポーツの指導をする職業です。

その施設の利用者や生徒がスポーツを楽しく、安全に続けられるように指導することといえます。

具体的には、トレーニングメニューの作成、取り組み方や器具の使い方の指導などで、利用者のレベルや目的に応じて楽しく、かつ安全に運動できるようさまざまな面からサポートします。

利用者の目的はダイエットやメタボ対策、ストレスの解消、腰痛の改善などさまざまで、赤ちゃんからお年寄り、また障害のある人や病後の人など年齢や性別も幅広いのが特徴です。

そのため、基礎知識から最新情報までをしっかり頭に入れ、利用者の事情や目的、状況に応じて臨機応変に対応することが必要です。

スポーツインストラクターの就職先・活躍の場

全国にある運動施設

スポーツインストラクターの多くが、全国各地にあるフィットネスクラブやスポーツジムで働いています。

そのほか、子ども向けの体操や陸上教室、お年寄り向けの健康増進教室、市町村などが運営する公共の体育館や福祉施設などでも働いています。

また、街のスイミングクラブやダンススクール・ヨガスクール・エアロビクススタジオ、さらにはスキーやスケート教室などの指導者も、総称として「スポーツインストラクター」と呼ばれることがあります。

スポーツインストラクターの1日

あるインストラクターの1日

スポーツインストラクターは、勤務する施設や指導するスポーツの内容によって一日のスケジュールが変わります。

ここでは、大都市のフィットネスクラブに勤務する男性インストラクターの大まかな一日の流れをご紹介します。

5:00起床

6:00フィットネスクラブへ出勤

7:00営業開始
フロントで受付業務を行う。
指導だけでなく、フロント業務や利用者対応も仕事の一つです。

9:00
トレーニング室で利用者に指導。
なじみの利用者と話をしたり、声をかけてきた利用者のトレーニングに付き合ったりする。
その間も、トレーニング室全体を見回して利用者の安全を確認する。

11:00休憩

12:00
オフィスで事務作業。
フィットネスクラブのイベントやキャンペーンについて同僚と相談。

14:00
プールでエクササイズの指導。
利用者層に合わせて、運動量に無理がない内容にし、声掛けをして気を配る。

16:00 勤務終了
仕事終了後には自分でトレーニングを行ったり、考えた練習メニューを自分で試したりする。

18:00退社

スポーツインストラクターになるには

スポーツや身体について学ぶ

スポーツインストラクターになるためには特別な資格は必要ありませんが、人を指導する立場であるため、しっかりとした知識を身につけることが必要となります。

どんな人に対しても責任をもって指導するには、やはり専門知識が必要です。

特に、人間の体の構造や機能、トレーニング方法、ダイエットや栄養管理、さらにはケガの応急措置などの知識は欠かせません。

そのため、スポーツインストラクターになるためには、スポーツ・健康系の専門学校や大学で専門知識を学ぶことが近道で、その後フィットネスクラブなどに就職するのが一般的です。

スポーツインストラクターの学校・学費

さまざまなスポーツの指導法を学ぶ

スポーツインストラクターになるためには、スポーツ・健康系の専門学校や大学で学ぶことが近道です。

実技はもちろん、体の仕組みや機能からトレーニング理論、栄養管理、ケガの応急措置まで必要な専門知識を学べます。

スポーツインストラクターは学歴が問われないため、在学中や高卒でもフィットネスクラブで実際に働いてみることもできます。

アルバイトとしての働きが認められれば、卒業後に正社員に採用されることも珍しくありません。

スポーツインストラクターの資格・試験の難易度

特別な資格は必要なし

スポーツインストラクターには必須の資格などはありません。

ただし、専門知識が必要なため、専門学校や大学で勉強するのが一般的ですが、もちろんこうした学校を卒業していなくても、スポーツインストラクターに関する資格を得て仕事をしている人はたくさんいます。

主な資格としては、日本体育協会認定「スポーツ指導者」の「指導員」、日本トレーニング指導者協会の「トレーニング指導者」などがあります。

そのほか、スポーツ指導に関する資格は多く存在するので、自分のレベルや得意分野によって資格を取得するのもよいでしょう。

スポーツインストラクターの給料・年収

同年代の収入に比べると低め

フィットネスクラブやスポーツジムの社員であれば、その会社の規定の給料になりますが、同年代の収入に比べるとやや低いといわれています。

社員の場合、初任給は17万から20万円くらいで、年収は200万から300万円くらいが相場となっています。

その後はイ経験を積んだり、人気が出たり、高い知識を身につけたりすると給料も上がりますが、スポーツインストラクターとして働けるのは一般的に20代から30代までです。

それ以降も続けるには、よほど人気が出るか、フリーとして独立するかのどちらかになります。

スポーツインストラクターのやりがい、楽しさ

スポーツ指導で人生に関わる

スポーツインストラクターのやりがいは、自分が指導した人の人生を大きく変える可能性があることでしょう。

ダイエットに成功して自分の性格が変わったり、病後の人が日常生活を送れるようになったりと、体を鍛えたり、体力がついたりして、人生が変わったという人は珍しくありません。

また、フィットネスクラブなどに通うことで、元気になったり、明るくなったり、リフレッシュしたりする人はたくさんいます。

スポーツインストラクターは、毎日の生活に潤いを与え、人の人生を大きく変える可能性があるのです。

スポーツインストラクターのつらいこと、大変なこと

相手のことを考えた指導法

スポーツインストラクターは、相手のことを考えた指導法が求められます。

ちょっとした言葉や思いの行き違いから施設に通って来なくなったり、スポーツインストラクターに不満をぶつけたりする人もいます。

こうした利用者と思いの行き違いや、誤解は、スポーツインストラクターが苦労する店です。

利用者や生徒とは、常にコミュニケーションをとって性格や人柄をつかみ、それに合った指導法を考えなければ、何気ない一言や行動で相手を傷つけてしまいかねません。

スポーツインストラクターに向いている人・適性

スポーツが得意で明るく元気な人

スポーツインストラクターは、担当する種目については一定以上のレベルが必要です。

しかし、それ以上にスポーツインストラクターに向いているのは人柄の良い人です。

特に利用者や生徒を明るく元気に接したり、モチベーションをあげられる声掛けができたりする人はぴったりです。

スポーツインストラクターは人を明るく、元気にさせることが大切で、スポーツをしに来た利用者や生徒のモチベーションを上げて、楽しんでスポーツをしてもらえる指導をすることが求められます。

スポーツインストラクター志望動機・目指すきっかけ

必要な条件を盛り込む

就職試験の面接で話さなければならないのは、「なぜ、スポーツインストラクターになりたいと思ったか」と「どんなスポーツインストラクターになりたいか」です。

スポーツインストラクターになるのに必要な条件に、体を動かすのが好きなこと、これまでのスポーツ体験があります。

また、仕事の中心はクラブやジムの利用者を励まし、面倒を見ることで、人と接することが好きなことも必須です。

こうした条件がさりげなく入っていると、より志望動機や人柄が伝わりやすいでしょう。

スポーツインストラクターの雇用形態・働き方

アルバイトや契約社員も多い

フィットネスクラブで働くスポーツインストラクターは、アルバイトや契約社員も多いのが実情です。

スポーツインストラクターは体力などの問題から30代ごろには退職・転職する人が多く、働ける期間が短いことが理由に挙げられます。

また少数ですが、地方の公共施設で働く人の中には公務員として採用され働く人もいます。

人気が出れば、フリーランスとして複数のフィットネスクラブを掛け持ちしたり、自分で教室を開いて指導したりすることもできます。

スポーツインストラクターの勤務時間・休日・生活

シフト制が中心で残業も多い

フィットネスクラブで働くスポーツインストラクターの場合、1日の労働時間が長くなりがちなのは、どこも同じです。

フィットネスクラブは、営業時間そのものが長いところが多く、なかには24時間営業というジムもあります。

営業時間中は、必ずスポーツインストラクターが現場に入らなくてはならないため、どうしても勤務時間がオーバーしがちなのです。

またフィットネスクラブが最も忙しいのは休日で、スポーツインストラクターはシフトによって週末や祝日も出勤というケースが多いです。

スポーツインストラクターの求人・就職状況・需要

景気に左右される職業

一定の需要があるものの、スポーツインストラクターは収入が少なく、あまり長く続けられる職業と考える人は少ないようです。

実際、全国で働くスポーツインストラクターの7割が、20代から30代の女性といわれています。

欧米の国々と比べれば、まだまだスポーツに親しむ国民の数は少なく、スポーツインストラクターの地位も高いとは言えません。

また景気に左右される仕事のため、不景気が長く続くとスポーツインストラクターの職だけでなくフィットネスクラブの存続自体も危ぶまれてしまいます。

スポーツインストラクターの転職状況・未経験採用

年齢を重ねると転職も増える

スポーツインストラクターは若い人がメインで、体力の問題もあり、30代になると退職・転職する人が多いのが現状です。

その一方、スポーツインストラクターを管理するマネージャーになったり、店舗全体の企画・運営などの仕事を担当したりする人もいます。

直接、お客さんと接したり、指導したりする機会はなくなりますが、長く仕事を続けることはできますし、収入も増えていくことが多いです。

また、指導するスポーツを変えたり、お年寄り向けのスポーツ指導をしたりするなどして、スポーツインストラクターを続ける人もいます。

スポーツインストラクターの現状と将来性・今後の見通し

東京オリンピックを好機に

2020年に東京オリンピックが開催されるに伴い、スポーツが話題の中心となり、国民がスポーツに親しむ機会が増え、スポーツインストラクターの活躍の場も増えるでしょう。

また最近は幼児の運動能力の低下が大きな問題になりつつあり、幼稚園や保育園で、スポーツや体操をカリキュラムに加えるところが急増しています。

小さい頃からスポーツに親しんだ子どもたちが、東京五輪に向けてますます体を動かすことで、欧米のようにスポーツが生活の一部となる日がくるかもしれません。