バックダンサーになるには

バックダンサーの仕事

バックダンサーは、アーティストや歌手などを盛り上げたり、世界観を引き立てたりする役割でダンスをします。

そのため主役となるアーティストより目立つことは許されませんが、歌や芸術の世界観を表現するためには欠かせない仕事です。

バックダンサーが一人ということは珍しく、基本的にはチームを組んで踊ることが多いため、仲間とコミュニケーションをとり、動きをしっかりと合わせられることも重要なポイントです。

バックダンサーの給料

バックダンサーの給料は、1つの仕事を請け負うごとにギャランティという形で支払われます。

相場は一日6,000円から10,000円程度といわれていますが、大物アーティストのバックダンサーとなる場合は10,000円から30,000円、ライブやコンサートツアーに帯同する場合はさらに高額な金額をもらうこともできます。

普段自分自身でダンサーとして活動していたり、ダンススタジオなどで働いていたりする場合は月収として考えると安定した生活ができるでしょう。

バックダンサーになるには

レッスンを受け実力をつける

バックダンサーになるために特別な資格や学歴は求められません。

しかし、プロとして踊っていく以上、きちんとした技術を身につけ表現力を磨かなければ、競争の厳しい世界で生き残っていくのは難しいでしょう。

そのため、まずはダンスの専門学校やダンス教室、スクールなどで学び、ダンスの基礎知識と技術を身につけることがバックダンサーへの第一歩です。

バックダンサーを目指す場合、ダンスの各ジャンルを総合的に学べる学校に通うか、ダンスの基本となるバレエを習う人が多いようです。

もちろん、学校で教わるだけでなく、日々自分でトレーニングをしたり、多くのダンスやステージを見たりして表現力を高める努力も欠かせません。

バックダンサーの仕事を見つける

バックダンサーを目指す場合、ダンサー専門や芸能関連のプロダクションに所属するか、フリーランスで活動するのが一般的です。

プロダクションでは仕事を紹介してくれることもありますが、経験の浅いうちはその都度オーディションを受けて、多くのライバルの中から合格をつかみ取らなければなりません

またこの業界では、コネクションも非常に大事だと言われています。

コツコツと積み上げた実績と人脈によって、予期せぬタイミングで大きな仕事を紹介してもらえることもあるようです。

バックダンサーに求められるもの

バックダンサーには、主役を引き立てながらも相手に感動を与える表現が求められます。

オーディションでは自分の技術や個性を出すことも大切ですが、チームとして作品を作り上げていく上で、協調性や社会性なども重要なポイントとして見られます。

特にアーティストのバックダンサーとして長期間にわたりダンスを担当する場合、「この人と一緒に踊りたい」「この人なら作品作りの一翼を担ってくれる」と思ってもらうためには、コミュニケーション能力も必要です。

また、バックダンサーとして舞台に立ったりメディアに出演したりする場合は、場慣れが必要です。

一発本番の世界でも、緊張せず最高のパフォーマンスができるよう経験を積んでおくことが大切です。

またいつでも人に見られているという意識を持ち、ダンスをしているとき以外にもダンサーとして恥ずかしくない立ち振る舞いをすることが求められます。