このサイトは健康運動実践指導者を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「健康運動実践指導者」

仕事内容
健康運動実践指導者は、生活習慣病の予防や高齢者の健康維持をはじめとする、人々の「健康づくり」を目的として作成された運動プログラムに基づいて実践指導を行う仕事です。運動生理学や医学的な基礎知識の知識を有し、個々の健康状態に合った運動プログラムの見本を見せながら、正しく安全に運動ができるように指導します。
なるには
健康運動実践指導者として働くには、「公益財団法人 健康・体力づくり事業財団」が認定する健康運動実践指導者の資格の取得が必要です。この資格を得るには、所定の養成校で学ぶか養成講習会の受講が必要ですが、講習会の受講にはいくつかの条件が定められています。活躍の場はフィットネスクラブやスポーツクラブを中心に、病院、老人福祉施設、保健所、学校など幅広いことが特徴です。
給料
健康運動実践指導者の年収は、200万円~400万円程度がボリュームゾーンとされています。ただし、年齢や経験、雇用形態によっても差が出てきます。管理栄養士や栄養士、鍼灸師、柔道整復師など、他の国家資格とのダブルライセンスによって、業務の幅を広げて収入アップとなるケースもあります。また、なかには独立してフリーランスで活動をし、より多くの収入を得ている人もいるようです。
将来性
少子高齢化が進む現代の日本では、今後、高齢者への健康づくりや運動指導のニーズはますます拡大していくものと考えられます。最近ではスポーツ関連施設のみならず、学校での仕事や、会社でも健康管理部門を置くところが出ており、活躍の場はさらに広がっているようです。医学的な基礎知識を持って働くことから医療や福祉の現場でも需要があり、将来性は十分にあるといえるでしょう。