このサイトは棋士を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「棋士」

仕事内容
棋士とは、日本将棋連盟に所属し、将棋の対局にて報酬を得る人のことを言います。プロ棋士が名人を目指して戦うリーグ戦を中心に、各タイトル戦やトーナメント戦に出場し、勝ちを目指すことが棋士の主な仕事です。対局は多くても年に70局程度ですが、それ以外の日を利用して、将棋の研究や技術向上に努めます。また、将棋を子どもたちやアマチュアの人々に広めるための活動も、積極的に行っています。
なるには
プロ棋士になるには、日本将棋連盟の「奨励会」に入会する必要があります。入会に際しては試験が実施され、年齢制限のほか、場合によってはプロ棋士の推薦も必要となります。「奨励会」は下は六級から上は三段までで構成されていますが、指定の年齢までに昇級・昇段できなければ自動的に退会となってしまうケースもあるなど、とても厳しい世界です。なお、小学校高学年から中学生ごろに入会する人が多いようです。
給料
棋士の収入は、対局を行って得る対局料が基本となっています。タイトル戦やトーナメント戦などに参加すると数十万円~数百万円程度の対局料が支払われ、勝ち進むにつれて金額が上がり、上位入賞者には賞金も出ます。その他、将棋道場での指導料、イベント出演料、書籍執筆の印税、講演料などによる副収入を得ることも可能で、トップ棋士になれば年収1億円を超えることもあるものの、そこまでたどり着くには相当な努力が必要です。
将来性
将棋は日本の伝統文化として親しまれてきたものであり、その文化を大切に守り続けていくことも棋士の大切な役目となっています。特に、将棋の競技人口が減少傾向にある現代は、将棋界の発展のため、積極的な普及活動を行うことが求められています。将棋の人気が高まれば、新聞社を中心とするスポンサーがつき、それが将棋界の安定にも繋がります。なお、近年は女流棋士の活躍も見受けられるなど、将棋の世界も少しずつ変わりつつあります。