このサイトはヨガインストラクターを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ヨガインストラクター」

仕事内容
ヨガインストラクターは、ヨガスクールやスポーツジムなどで、生徒にヨガ独特のトレーニングポーズや呼吸法を指導する仕事です。自ら実演しつつアドバイスを行い、ヨガの魅力と楽しさをわかりやすく伝えていきます。また、生徒一人ひとりのレベルや年齢、体力等に応じた練習メニューを考えることも大事な仕事です。生徒が無理をして体調を崩したりケガをしないよう、トレーニング中は常に気を配る必要があります。
なるには
インド発祥のヨガは日本でもすっかりお馴染みのものとなりましたが、まだ国内では公的な資格が存在していません。そのためこの仕事を目指す場合、まず民間のヨガインストラクター養成学校に通って必要なスキルを身につける人が多いですが、通信講座でも理論を学ぶことが可能です。その後は、ヨガスクールやスポーツジムへの就職を目指します。仕事を始めても、日々知識や技術を向上させる必要があるため、自分自身がヨガを好きであることも大切です。
給料
ヨガスクールなどに正社員として勤めた場合、年収300万円前後という人が多いようです。アルバイトや契約社員で働く人もいます。毎月固定給が支払われる場合のほか、受け持ったレッスンの数に応じて歩合制で給料をもらうケースもあります。インストラクターとしての実績を積み、生徒からの信頼も集まれば、独立して自分のヨガスタジオを経営することも可能です。実力や人気が比較的収入に直結しやすい仕事だと言えるでしょう。
将来性
ヨガに関心を持つ人は年々増加傾向にあり、女性のみならず、男性でもヨガを始める人が増えています。スポーツが苦手という人でも取り組みやすいため、健康ブームやリラクゼーションブームが高まる中、ヨガインストラクターの活躍の場はさらに広がっていくものと考えられています。また、この先はヨガスクールやスポーツジムだけでなく、介護福祉施設や企業研修など、活躍の場も拡大していくことが予想されています。