「ダンサー」とは

ダンサー_画像

舞台、イベントで多様なダンスステップやパフォーマンスを披露し、観客に感動を与える。

ダンサーとは、自分の身体を使ってダンスステップやパフォーマンスを披露し、観客に感動を与える仕事です。

ダンスには、クラシックバレエ、モダンダンス、ストリート系ダンス、社交ダンス、ミュージカルなどさまざまな種類があり、テーマパーク、クラブイベント、アーティストのライブなどで活躍しています。

ダンサーはフリーランスで働く人も多く、仕事を得るにはオーディションを受けなければなりません。

実力主義の厳しい世界であるため、踊りだけで生活できるのはほんの一握り。

ダンサーの大半は、ダンス教室やダンススクールでインストラクターの仕事を兼務しています。

毎日レッスンやトレーニングを続け、技術と表現力を磨き続ける努力が求められます。

「ダンサー」の仕事紹介

ダンサーの仕事内容

ダンスを踊ってパフォーマンスする

ダンサーは、ダンスを踊ってパフォーマンスを披露し、観客に感動を与える仕事です。

ダンスといってもクラシックバレエのような古典的なものから、ヒップホップやストリート系のダンス、社交ダンス、ミュージカルなどさまざまなものがあり、特定のジャンルでは女性がその多くを占めています。

舞台やテレビ番組、映画などに出演するほか、歌手などのバックで踊るバックダンサー、クラブイベントで踊るダンサー、テーマパークのショーに出演するダンサーなどさまざまな場所で活躍していて、自分の持ち味を生かしながら仕事をしています。

プロとアマチュアの線引きが難しい業界ではありますが、ダンスで生計を立てることができる人がプロといえるでしょう。

中には、自分もステージに出演しながら後進の指導にあたったり、振付師としてダンスを考えたりして活躍する人もいます。

ダンサーの就職先・活躍の場

プロダクションに所属するか、フリーか

ダンサーは、舞台、テレビ番組、映画、ライブなど、さまざまな場で踊るチャンスがあります。

また、テーマパークのショーやイベントで踊るダンサーもいます。

その働き方としては、踊るダンスのジャンルによっても異なりますが、プロダクションなどに所属する人とフリーランスで活躍する人の2種類に分けられます。

プロダクションなどに所属する場合の例を挙げると、ダンサー事務所、芸能事務所、バレエ団、劇団、ダンス教室などがあり、これらに所属することで仕事を得やすくなるでしょう。

ダンサーの1日

仕事によって柔軟な対応をする

ダンサーの1日は、仕事内容によって異なります。

日中のショーに出演する人もいれば、夕方から深夜にかけてクラブイベントでパフォーマンスをするダンサーもいるため、仕事に合わせて柔軟に対応しなければなりません。


8:00 会場に集合・打ち合わせ
9:00 リハーサル
11:00 メイク・着替え
12:00 本番(1公演目)
14:00 公演終了・休憩
17:00 本番(2公演目)
19:00 公演終了・打ち合わせ・後片付け
20:00 帰宅

ダンサーになるには

ダンスの力を磨く

ダンサーになるためには、ダンスの力量だけでなく、表現力や個性が求められます。

プロとして踊り続けるためには、基本的なダンスステップや体の使い方を身につけている必要があります。

ダンスのレッスンを受けられる場所としては、ダンスの専門学校やダンス教室が挙げられます。

卒業後は、プロダクションやダンススタジオに所属したり、チームを組んでクラブイベントに出演したり、フリーランスでオーディションを受けながら、仕事の幅を広げていくのが一般的な流れです。

ダンサーの学校・学費

専門学校・教室・留学などさまざま

ダンサーを目指す人のための学校には、さまざまなものがあります。

そのうちの一つが専門学校です。

多種多様なジャンルのダンスを学べる学校や、ショー的な要素が強いダンスを中心に学べる学校など、各校で特色が異なります。

ダンス教室やスクールに通ってダンスレッスンを受ける人もいます。

一般の学校と両立して通うことも可能で、レッスン内容も自分のスタイルに応じて選びやすくなっています。

より豊かな表現力と技術の習得を目指してダンス留学をする人もいます。

これといった正解はありませんので、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

ダンサーの資格・試験の難易度

資格よりも実力主義の仕事

ダンサーになるために必要な資格はありません。

ダンサーの世界は実力主義で、ダンサーとして活躍できるかはダンスの力量やオーディションを突破できるかにかかっています。

もちろん、プロダクションなどに所属していたり人脈があったりする場合は、直接仕事を紹介してもらえることもありますが、大半は1つの作品やイベントごとにオーディションを受け、合格を勝ち取って出演しています。

経験が浅くても担当者に認められれば大役に抜擢されるチャンスもあるので、まさに、完全実力主義の世界だと言えるでしょう。

ダンサーの給料・年収

ギャランティとして給料をもらう

ダンサーの多くは、1ステージごとにいわゆるギャラという形で給料を得ています。

一般的なダンサーで1ステージあたり3万円程度が相場とされますが、おのおのの実力や知名度によって、その額は上下します。

バックダンサーの場合は日給で、日に6000円から1万円程度が相場となっています。

ミュージカルの場合は、公演期間分のみギャラが発生し、主役級以外では一度の公演期間で合計100万以下ということが普通のようです

ダンサーのギャラだけで生活をするのは難しく、収入を安定させるためにダンス教室などでの仕事と掛け持ちする人も少なくありません。

ダンサーのやりがい、楽しさ

全身で表現できる喜び

芸術にはさまざまな表現方法がありますが、そのうちダンスは自分の身体をフルに動かしてさまざまな感情を表現できます。

自分自身を鍛え、身体を使って表現し、より魅力的なダンサーへ成長していくことこそが、この仕事の大きなやりがいです。

また、エンターテインメント色の強いダンスを踊る場合、観客の反応をすぐ間近で感じることができます。

自分のダンスで誰かに感動を与えられる、ダンサーにとってこれほどうれしいことはありません。

観客の拍手や笑顔がダンサーの力となります。

ダンサーのつらいこと、大変なこと

身体を酷使する仕事

ダンサーは身体を酷使する仕事なだけに、ケガなどの故障をしてしまうこともあり、そうなれば仕事や収入にも影響が出てしまいます。

常に全力で踊り続けるためには、健康状態やコンディション調整に人一倍気をつけなければなりません。

また実力主義の厳しい世界ですから、華やかに見えるステージの裏で、ダンサーたちは必死に努力を続けています。

身体を酷使し厳しいレッスンに耐え、それでもダンスを続けたいという強い思いを持つ人だけが、ダンサーになることができるのです。

ダンサーに向いている人・適性

とにかくダンスが好きな人

ダンサーにとってもっとも大切なのは、心からダンスを愛している気持ちです。

24時間ダンスのことを考えられる人、上達のためにはダンスの勉強や厳しいレッスンも頑張れるという人は、きっと成功することができるでしょう。

またダンサーは「魅せる」ことを重視するだけに、ときに体重などのコントロールを求められることもあります。

また、体調不良やケガで仕事に穴をあけてしまってはいけません。

ケガや故障を防ぐために、地道なトレーニングやケアができることも求められます。

ダンサー志望動機・目指すきっかけ

自分の言葉で志望動機を話す

ダンサーのオーディションでは、ダンスの審査のほかに面接試験が行われることが多いです。

そして、ダンスの技術面だけでなく、面接が合否を大きく左右することもあるようです。

また、プロダクションなどへの所属を目指す場合も、ほとんどの場合で面接が行われていて、ダンサーにとって、面接は避けて通れないものだと言えるでしょう。

ダンサーとしての意気込みや熱意は最も重要視されます。

「なぜ、ここで踊りたいのか?」「どんな踊りをしたいのか?」などを、自分の言葉でしっかりとアピールすることが大切です。

ダンサーの雇用形態・働き方

プロダクション所属でも安定しない

ダンサーとしてプロダクションに所属する人は多いですが、所属したからと言って安定して仕事がもらえるとは限りません。

もしオファーがなかったりオーディションに落ち続けたりした場合は、所属契約を打ち切られてしまうこともあり、プロダクションに所属したから安心というわけではありません。

フリーランスの場合は、自分でオーディションを受けるなどして仕事を勝ち取らねばならず、こちらも仕事量はまちまちで一部の人気ダンサー以外は不安定だといえるでしょう。

ダンサーの勤務時間・休日・生活

仕事に合わせた生活スタイル

ダンサーの生活スタイルは、十人十色です。

劇団やダンススタジオなどに所属している人であれば、勤務時間が設定されていることもありますが、基本的には仕事に合わせて働きます。

また、単発の仕事を多く受ける人の場合、今日は日中のイベントで踊り、明日は夜のショーで踊るという風に、毎日勤務時間が違うということもあり得ます。

ダンサーの休みは簡単に言えば「仕事がない日」となります。

売れっ子ダンサーともなれば休みなく働き続ける人がいる一方で、駆け出しでなかなかオーディションに合格できないうちは、毎日が休みとなってしまうこともあります。

ダンサーの求人・就職状況・需要

キッズダンスに人気が集まる

ここ数年、中学生以下の子どもたちを対象とした「キッズダンス」を教えるダンススクールや講座が増えています。

キッズダンスは基本的にヒップホップなどのストリート系ダンスが中心となりますが、子どもにしっかりと指導できるダンサーの需要も高まっています。

そのほか、わりと積極的な募集が見られるのは、クラブイベントなどで踊るダンサーや、アーティストの後ろで踊るバックダンサーです。

これらは単発の仕事も多いですが、小さな仕事で成果を挙げていくうちに認められて、より大きな仕事がもらえることもあるようです。

ダンサーの転職状況・未経験採用

一人前になるには時間がかかる

一度は就職したものの「ダンサーになりたい」という思いをくすぶらせている人もいるでしょう。

しかし、ダンスの技術は一朝一夕で身につくものではありません。

もともとダンスを習っていたり趣味で踊っていたりする人は別ですが、もし1からダンサーを目指すのであればできるだけ早い段階でダンスレッスンを始めたいものです。

ダンス業界は実力主義の世界であるため、必死に努力することである程度経験をカバーすることはできます。

しかし、まずはある程度経験を積み他のダンサーと渡り合えるレベルでなければダンサーとして活躍するのは難しいでしょう。

ダンサーの現状と将来性・今後の見通し

指導もできるダンサーの需要が増える

近年、学校でのダンス必修化やSNS、動画投稿サイトの人気によりダンスに注目が集まっています。

こうした背景の中、ダンサーを目指す若者が増えることが予想される一方、正しい知識と技術を持った上でダンスの指導ができる人材の需要も高まっていくものと考えられています。

また、どのようなダンスを専門にするとしても、踊りだけで生活していくのはとても大変です。

ライバル同士の競争が激しく、次から次へと優秀な若い人材が出てくるこの世界では、努力を怠らず常に自分を磨いている人だけが生き残っていけるといえるでしょう。