ダンサーの働き方の種類・雇用形態

ダンサーの雇用形態

ダンサーの雇用形態としては、劇団やダンススタジオなどの組織に所属する方法、またはフリーランスとして活動する方法があります。

そのほかに、アルバイトや仕事を持ち、掛け持ちをしながらダンサーの仕事をしている人も少なくありません。

ダンスの仕事だけで生計を立てていけるのは、限られたわずかな実力者のみなのです。

正社員のダンサー

正社員として働くダンサーはわずか

ダンサーとして正社員で働く人はごくわずかです。

その多くはダンススタジオの社員や劇団の団員として働いています。

こうしたところに就職することができれば、仕事の量や給与面では比較的安定しています。

出来高制が多い

ダンサーとしてプロダクションや芸能事務所に所属する場合は、一般的な就職とは違い、仕事をした分だけギャランティが発生するという出来高制です。

所属したからといってコンスタントに仕事があるとは限らないため、アルバイトや兼業をしながら苦しい生活を送る人も多いようです。

また、仕事を勝ち取るにはオーディションをしなくてはいけなかったり、実力が認められなければ解雇になってしまったりするケースも少なくありません。

アルバイト・パートのダンサー

アルバイトのダンサー

ダンサーの中には、特定のプロダクションに所属せず、またフリーランスになるのでもなく、アルバイトとしてクラブやバーなどで働き、ショーやイベントに出演する人もいます。

ダンサーの募集が多いのはショークラブやバーですが、ショーイベントを行うレストランなどで働く人もいます。

これらの場所で踊られるのはストリート系ダンスが多いですが、お店の雰囲気や客層によっては自分の持ち味や特技を生かして活躍することもできるようです。

ダンスは人に見てもらいながら多くの経験を積んでこそ上達するため、まずはアルバイトで実力を磨き、そこからさらなるステップアップを目指す人も多くいます。

他にも、ダンススクールやダンススタジオのインストラクターやそのアシスタント、テーマパークのショーダンサーの中にも、アルバイトとして働いている人がいます。

アルバイトのダンサーの生活

どのような場所で働くのかによって異なるものの、ショークラブやバー、レストランなどで働く場合は、夕方から深夜にかけて勤務することが多くなります。

日中は自分でダンスレッスンを行ったり、ダンス講師の仕事をしたり、仕事に備えて身体を休ませたりして過ごします。

一方、ダンススクールやダンススタジオ、テーマパークなどで働く場合は、日中の仕事が中心となります。

アルバイトの場合の給料は、時給1,000円から1,500円程度が相場のようですが、能力や経験によって高いギャランティをもらうこともできます。

アルバイトといえども、プロ意識を持って観客を楽しませることと、イベントを盛り上げる気持ちが求められます。

フリーランスのダンサー

ダンサーにはフリーランスとして働く人が多くいます。

主な仕事としては、アーティストなどのバックダンサー・ダンスの振付・ダンススタジオなどのインストラクター・テレビやCMなどのメディア出演・舞台やショーなどのイベント出演などがあります。

こうした仕事を得るためには、オーディションはもちろんのこと、仲間やイベンターとのコネクションやSNSなどでの情報交換も重要です。

仕事がなければ収入を得ることはできませんが、実力をつければ組織に所属するよりも幅広い活躍をすることができます。