このサイトはプロゴルファーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「プロゴルファー」

仕事内容
プロゴルファーとは、ゴルフで生計を立てている人のことを言います。よくテレビなどで見かけるのはトーナメントに出て賞金やスポンサー料を得る「ツアープロ」ですが、実際にはゴルフを人に教えてお金を稼ぐ「ティーチングプロ」として活躍する人のほうが多くなっています。また、ツアープロを指導できるような実力派のティーチングプロの中には、教則本やDVDを出したりメディアに出演したりする人もいます。
なるには
プロゴルファーになるには、ゴルフ協会が開催するプロテストに合格する必要があります。ツアープロのプロテスト受験資格は男女それぞれ異なりますが、年齢制限以外にアマチュア大会での入賞経験や、プロゴルフ協会会員の推薦などが必要となり、合格できるのは経験と実力があるわずかな人だけとなっています。一方、ティーチングプロを目指す場合も、ランクによって指定の講習や試験を受ける必要があるなど、こちらも簡単な道ではありません。
給料
トップレベルのツアープロであれば、賞金以外にCM出演やスポンサー料も上乗せされるため、億単位の超高額収入を得ることが可能です。また、一般的なツアープロであれば、遠征費などを差し引いて1000万円弱程度に収まる人が多いようです。成功すれば桁違いの収入が得られるものの、非常に厳しい世界です。ティーチングプロは月収20万円以下になることもあり、副業としてゴルフショップなどを経営する人もいると言われています。
将来性
たとえツアープロになれたとしても、賞金が得られなければ遠征費などで赤字となってしまうなど、ゴルフの世界で生き抜くのは簡単ではありません。また、ティーチングプロとして生計を立てる人も多いですが、今後は競技人口も減っていき、競争が厳しくなると予想されています。ツアープロになるにしても、ティーチングプロになるにしても、とにかく腕を磨いて誰にも負けない実力を身につけることが何よりも大事だと言えます。