「バレーボール選手」とは

Vリーグに所属する企業チームやクラブチームと契約を結び、公式戦や各種大会に出場する。

日本のバレーボール選手とは、「Vリーグ(日本バレーボールリーグ機構)」に参加する企業チームやクラブチームに在籍する選手のことです。

仕事の基本は、Vリーグの公式戦や各種大会にチームの一員として出場することです。

バレーボールは、日本で人気スポーツの1つですが、所属チームとプロ契約を結ぶ選手はごく一部です。

ほとんどの選手が企業の社員か、1年ごとに嘱託契約を結ぶ契約選手で、収入は同年代のサラリーマンやOLと同じくらいです。

クラブチームにはプロ契約を結ぶ選手もいますが、年俸はやはり同年代の会社員と同じくらいです。

2部のクラブチームには、アルバイトをしながらバレーボールを続けている選手もいます。

その一方で、日本のトップ選手には欧州のクラブチームと高額のプロ契約を結んでプレーしている人もいます。

「バレーボール選手」の仕事紹介

バレーボール選手の仕事内容

日本におけるバレーボール選手とは、「Vリーグ(日本バレーボールリーグ機構)」に参加する企業チームやクラブチームに在籍する選手のことをいいます。

シーズン中(Vリーグは男女とも11月から翌年3~4月まで)は、チームの一員としてVリーグの公式戦や各種大会に出場することが仕事の中心になりますが、企業チームに属する選手の場合、会社でデスクワークなどの仕事とバレーを両立することが多いです。

全日本チームの選手に選ばれると、世界選手権や五輪で活躍することもできます。

バレーボール選手になるには

バレーボール選手になるには、バレーボールの強豪校(高校・大学)に進学し、全国規模の大会で活躍することが一番の近道となります。

とくにVリーグでは新人勧誘のためのトライアウトを行っていないため、Vリーグに参戦する企業チームに入りたい場合、各企業からのスカウトを待たなければなりません。

小学校や中学校のうちから全国大会へ出場し、そのまま強豪校へ進学してプロ選手になるというのが、一般的なルートとなっています。

バレーボール選手の給料・年収

バレーボール選手の大半は企業チームに所属し、自社の社員として働きながらバレーボールの練習や活動を行います。

給料は一般社員の平均年収に少し手当が上乗せされる程度となります。

中には嘱託社員として働く人もおり、正社員と収入はあまり変わりませんがバレーボールだけに集中することが可能です。

プロ契約を結んでいる選手の場合、企業に所属する選手と立場は変わるものの、プロ野球やJリーグの選手のように一気に収入がアップするケースはあまりないようです。

バレーボール選手の現状と将来性・今後の見通し

Vリーグはもともと、バレーボール界のプロ化を視野に入れて誕生しましたが、それが現実のものとなるにはまだ課題を残している状況です。

そもそもバレーボール界は大企業に支えられており、チームを保有する企業にとっては、コスト面などで負担になってしまう可能性があるためです。

企業にとって業績の浮き沈みは避け難いため、この先Vリーグを盛り上げるためには、地元の協賛企業とサポーターによって支えられるクラブチームの盛り上がりが期待されています。